Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

文化

すべてのカテゴリのニュース

  • バーミヤン大仏、補強作業始まる アフガニスタンの世界遺産

    2017/09/20 9:17

     【カブール共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産として知られるアフガニスタン中部バーミヤンの仏教遺跡群で、2001年に旧タリバン政権が破壊した西大仏(高さ約55メートル)が収められていた「仏龕」と呼ばれる大きなくぼみの補強作業が20日までに始まった。日本政府も支援し、20年の作業完了を目指す。  作業は今月上旬に開始。高さ55~40メートルの位置の崩れかけた部分に棒状の木の板を当て、ワイヤで押し付ける手法が取られている。破壊時の爆破の影響で多数のひびがあり崩れやすく、世界遺産の中でも重大な危機にさらされている「危機遺産」の一つとなっている。

  • 白石美帆が朝ドラの裏話を披露 どうしても正しい茨城弁に

    2017/09/20 9:17

     NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演している女優の白石美帆が、東京・銀座の「茨城マルシェ」で開かれた「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア」のキックオフイベントに登場した。同県出身の白石はドラマでは東京育ちのバー店主役で「一番ネーティブな人間が『東京ものです』と言っているのがくすぐったかった」と、撮影を振り返った。  白石は茨城県常陸大宮市の出身で

  • 「名産品、各地に」と新井恵理那 所ジョージの番組でアシスタント

    2017/09/20 9:17

     全国の名産品を紹介するバラエティー番組「所さんお届けモノです!」(TBS系、日曜夕放送)で、アシスタントを務めるタレントの新井恵理那が「現地でしか知られていない食べ物や名産が各地にいっぱいあります。そんな情報をお届けしたい!」と意気込んでいる。  所について

  • 「前向きになる闘病」を漫画に 子宮がん経験の岡田有希さん

    2017/09/20 9:17

     約5年前に子宮頸がんと診断され、子宮と卵巣を摘出した漫画家の岡田有希さんが、自らの闘病をつづったエッセー漫画「さよならしきゅう」を刊行した。不安な時期に「つらく悲しい闘病記」を読んで落ち込んだ経験から「自分の体験をリアルに伝えつつ、最後は『きっと大丈夫』と前向きになれる作品にしたかった」と話す。  当時2歳の長女の子育てと仕事に奮闘していた岡田さん

  • 歌舞伎の中村魁春さんが休演 体調不良、復帰時期は未定

    2017/09/19 12:38

     松竹は19日、歌舞伎俳優の中村魁春さん(69)が体調不良のため、東京・歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」(25日まで)を当面、休演すると発表した。復帰の時期は未定。  昼の部「極付幡随長兵衛」は中村雀右衛門さん(61)、夜の部「再桜遇清水」は中村東蔵さん(79)が代役を務める。松竹によると、魁春さんは18日の昼の部の出演中に鼻血が止まらなくなり、夜の部から東蔵さんが代役を務めた。病院で検査を受けているという。

  • ロックは心の叫び フルノイズが活動再開

    2017/09/19 8:22

     1980年代前半、博多ロック黄金期の人気バンドの一つだった「フルノイズ」が本格的に活動を再開した。約30年の空白の時を超えて、「ロックは心の叫び」というストレートな曲、演奏は健在だ。23日の福岡市でのライブを皮切りに、骨太なサウンドが復活する。  フルノイズは

  • 漱石の映画、在英の監督が撮影中 留学の足取りたどる、来秋完成へ

    2017/09/19 8:22

     【ロンドン共同】小説「吾輩は猫である」などで知られ、今年で生誕150年の文豪・夏目漱石(1867~1916年)の足取りをたどるドキュメンタリー短編映画「漱石と私」の撮影が、漱石も留学したロンドンで進んでいる。在英の映画監督梶岡潤一さん(47)が来秋の完成を目指しており「素顔の漱石を国内外に発信したい」と意気込んでいる。  ロンドン中心部から南へ約7キロ。漱石も1901年2月に訪れた美術館「ダリッジ・ピクチャー・ギャラリー」で8月25日、梶岡さんがロケを行った。カメラを向けるのは映画の主役の漱石研究家、恒松郁生・ロンドン漱石記念館元館長(65)。

  • 雪舟の水墨画を80年ぶりに発見 山口県立美術館

    2017/09/19 8:22

     室町時代の水墨画家、雪舟が描き、80年余り所在が不明になっていた水墨画が見つかったと、山口県立美術館が19日、東京都内で発表した。同館は10月31日から開く「雪舟発見!展」で公開する。専門家は、雪舟の代表作への道筋を示す重要な作品と位置付けている。  見つかったのは、軸装された約30センチ四方の団扇形の作品で、藍や緑などで彩色を施した「倣夏珪山水図」。水辺に岩や木々が、奥には、なだらかな山脈が描かれている。  同美術館によると、雪舟が中国の名画家に倣って描いた「倣古図シリーズ」のうちの1点で、南宋(12~13世紀)の著名な画家夏珪の様式を模した。

  • 歌手ガガさん、欧州ツアー延期へ 体調不良、治療に専念

    2017/09/19 5:54

     【ロサンゼルス共同】米人気歌手レディー・ガガさん(31)が18日、病気の治療に専念するため、今週から10月末までの欧州ツアーを延期すると発表した。闘病のため、12月まで続く現在のツアー終了後に活動を休止する意向を示していた。11月からの全米ツアーは予定通り行うという。  ガガさんは今月12日、全身の筋肉に強い痛みやこわばりが出る「線維筋痛症」を患っていることを公表。ブラジルで15日に予定されていた音楽フェスティバル出演も体調不良で中止していた。

  • ペンギンと新曲ヒット祈願 ベテラン大月、静かな闘志

    2017/09/19 5:54

     歌手の大月みやこが、新曲「流氷の宿」のPRイベントを、ペンギンを鑑賞しながらお酒を飲める東京・池袋のバー「ペンギンのいるBAR池袋」を会場に開いた。自らプロデュースしたビアカクテルも披露するといった派手な演出の中、ベテランらしく、静かにヒットへの闘志を燃やしていた。  北の大地で再出発する女心を歌った新曲。「発売と同時に、『やっぱり大月の世界だ』と言っていただいた。歌い続けていくファイトをいただける曲」と笑顔を見せた。  イベントでは、ペンギンたちも盛り上げに一役。愛らしい姿に、大月は「大ヒットを手伝ってね」と呼び掛けた。さらに自身がプロデュースしたという同店の期間限定商品「流氷ビール」をおいしそうに飲むパフォーマンスも。