Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

文化

すべてのカテゴリのニュース

  • 行定勲監督に批評家連盟賞 ベルリン国際映画祭

    2018/02/23 23:50

     【ベルリン共同】世界三大映画祭の一つ、ドイツで開催中の第68回ベルリン国際映画祭で23日(日本時間24日)、行定勲監督の「リバーズ・エッジ」が国際批評家連盟賞を受賞した。行定監督は2010年にも「パレード」で同賞を受賞しており、日本作品としては14年の坂本あゆみ監督の「FORMA(フォルマ)」以来4年ぶり。  「リバーズ―」は岡崎京子さんの漫画が原作で、女優の二階堂ふみさんらが出演。高校生たちのむき出しの欲望や孤独感、寂しさなどを、セックスや暴力シーンを交えて大胆に表現した。

  • 開館20周年で相田みつを展 三浦綾子記念文学館

    2018/02/23 21:15

     北海道旭川市の三浦綾子記念文学館は今秋、開館20周年事業として「人間だもの―相田みつを展―」を開く。「多くの人に感動や勇気を与える言葉を発した点で共通する」(文学館の松本道男専務理事)とし、詩人、書家の相田さんの直筆作品など10~20点を9月1日から11月4日まで展示する。  小説家の三浦さんは「氷点」などの作品で知られる。夫で2014年に亡くなった光世さんが、相田さんの長男一人さんと交流があったという。一人さんが館長を務める東京都内の相田みつを美術館でも、10月上旬から三浦綾子展を開く。

  • 大林監督、次作テーマは原爆投下 「過去の体験伝え戦争なくす」

    2018/02/23 14:07

     映画監督の大林宣彦さんが23日、「尾道映画祭2018」に出席するため訪問した広島県尾道市で記者会見し、次回作として広島への原爆投下をテーマにした作品を検討していると明らかにした。大林監督は「過去の体験を伝えることが未来の戦争をなくし、平和に近づけていく」と意欲を語った。  これまで映画で原爆に触れたことはあったが、メインテーマにするのは初めてという大林監督は「やり残した仕事は原爆と向き合うこと。今でもなぜ原爆が投下されるに至ったのか解明されていない」と指摘。「映画は歴史を変えられないが、未来を変える力がある」と訴えた。

  • 縄文晩期の火おこし道具出土 石川・真脇遺跡で

    2018/02/23 6:39

     石川県能登町教育委員会は23日、同町の真脇遺跡で縄文時代後期末―晩期初頭(約3300年前)の「火きり臼」と呼ばれる火おこし道具が見つかったと発表した。木製で腐食しやすいことなどから、縄文時代のものが出土するのは珍しいとしている。  町教委によると、川跡とみられる幅約4メートルの溝で大量の木製品と一緒に出土した。全長39・1センチ、直径1・5センチのくぼみに炭化痕があり、くぼみに火種をのせてきねを回転させ火をおこしたとみられる。

  • 瀬戸内寂聴さんに俳句の星野賞 初の句集「ひとり」で

    2018/02/23 6:39

     女性俳人の先駆けの名を冠した第6回星野立子賞(上広倫理財団主催)は23日までに、作家瀬戸内寂聴さん(95)の初めての句集「ひとり」(深夜叢書社)に決まった。「俳句」3月号(24日発行、角川文化振興財団)で発表。これまで谷崎潤一郎賞、野間文芸賞など数多くの文学賞を受けた寂聴さんだが、俳句で賞を受けるのは初めて。賞金は100万円。  寂聴さんは取材に「小説の賞ならビックリしないけど、俳句はずぶの素人なので困っている」としつつ「寝たきりになっても俳句は作れます。人生の最後に良いことを覚えたなと喜んでいます」と述べた。

  • 新常任指揮者お披露目、独の楽団 ライプチヒのゲバントハウス

    2018/02/23 3:03

     【ライプチヒ共同】世界最古の市民楽団とされるドイツ東部ライプチヒのオーケストラ、ゲバントハウス管弦楽団は22日、新たにカペルマイスター(常任指揮者)に就任したアンドリス・ネルソンス氏(39)のお披露目のコンサートをライプチヒで行った。  ネルソンス氏は躍動感のある指揮で力強い演奏を引き出し、聴衆が大きな拍手を送った。ライプチヒのルッツ・ウルリヒさん(72)は「生き生きとした演奏が印象的だ。良いスタートになった」と笑顔を見せた。

  • 「銀河鉄道999」が再始動 松本零士さんが11年ぶり新作

    2018/02/23 1:12 2

     漫画家の松本零士さん(80)が2007年から中断していた代表作「銀河鉄道999」の執筆を再開し、11年ぶりの新作が完成したことが23日、分かった。タイトルは「ドリームブラックホール」で、1970~80年代に一大ブームを巻き起こした未完のSF大作が、新展開へ再始動する。  同作は、機械人間が支配する未来が舞台で、主人公の少年、星野鉄郎が謎の美女メーテルと共に銀河超特急999号で宇宙を旅し、成長する物語。77年から81年まで「週刊少年キング」で連載、テレビアニメや劇場映画が大ヒットした。96年に別の雑誌で続編が始まり、11年前の作品が最後となっていた。

  • 著作物のネット利用を拡大 法改正案を閣議決定

    2018/02/23 1:12 2

     政府は23日、インターネットでの著作物利用を拡大するための著作権法改正案を閣議決定した。書籍を電子データ化し、特定の言葉を含む文章をインターネットで検索できるようにするサービスを、著作権者の許諾なしでも可能にすることが柱。来年1月1日の施行を目指す。  海外に検索サービスの提供会社はあるが、国内では著作物の無断複製を禁じた同法の規定で認められなかった。実現すればキーワードを含む書籍の一覧も表示され、必要な文献を探しやすくなる見込み。

  • テレ東、大杉さん出演放送継続へ 社長「名優だった」

    2018/02/22 10:22 1

     テレビ東京の小孫茂社長は22日の定例会見で、同局系の連続ドラマ「バイプレイヤーズ」に出演中の俳優大杉漣さんが21日に急死したことを受け、28日の第4話と3月7日の第5話(最終回)について「できるなら放送を続けられないかと指示した」と放送継続に前向きな姿勢を示した。  小孫社長は「第一報を聞いた瞬間、言葉をなくした」と沈痛な表情を浮かべつつ、「作品を生かすも殺すもこの方の演じ方。そういう存在感を持った名優だった。代わりを探す議論はあり得ない」と話した。

  • トレエン斎藤が忍者に変身 レゴ新商品をPR

    2018/02/22 8:51 1

     ブロック玩具メーカー「レゴジャパン」の新商品「ニンジャ・ナイトクローラー」の発表会が東京都内で開かれ、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」(斎藤司、たかし)が登場した。  ナイトクローラーは