Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

文化

すべてのカテゴリのニュース

  • 将棋、里見女流五冠が奨励会退会 編入試験で棋士の可能性も

    2018/02/18 9:41

     将棋の女流棋士、里見香奈五冠(25)は18日、大阪市の関西将棋会館で行われたプロ棋士養成機関「奨励会」の三段リーグで対戦成績が7勝9敗となり、年齢制限で残り2局を待たずに退会が決まった。  里見五冠は奨励会を卒業してプロ棋士になる夢は絶たれたが、今後はプロ編入試験を受ける道が残されている。これまで、女性のプロ棋士は誕生していない。  将棋のプロは棋士と女流棋士で制度が異なり、棋士になるには奨励会を卒業するか、プロ編入試験に合格するのが条件。里見五冠は今後、女流棋士枠のある公式戦に出場し、規定の成績を収めれば同試験を受けることができる。

  • ベルリン映画祭で富名監督作品 温かい拍手に包まれる

    2018/02/17 13:33 3

     【ベルリン共同】世界三大映画祭の一つ、ドイツで開催中の第68回ベルリン国際映画祭で17日、11~14歳の子どもらが審査員を務める「ジェネレーションKプラス」部門に出品されている富名哲也監督の「Blue Wind Blows」が上映され、会場は温かい拍手に包まれた。  富名監督や主演の中学1年田中日月さん(13)、妹の小学4年椿さん(10)、文筆家で俳優の内田也哉子さんは、地元の家族連れや子どもが詰め掛ける中、レッドカーペットを歩いて会場入り。

  • 藤井聡太、最年少の棋戦優勝 中学生初の六段に

    2018/02/17 8:25 2

     将棋の最年少プロ、藤井聡太五段(15)は17日、東京都千代田区で指された朝日杯オープン戦本戦決勝で広瀬章人八段(31)を破り、最年少の15歳6カ月で棋戦初優勝を飾った。中学生の棋戦優勝は初めてで、1955年に加藤一二三・九段(78)が六・五・四段戦(現在は終了)で達成した15歳10カ月を63年ぶりに塗り替えた。  日本中を沸かせた中学生が再び前人未到の偉業を成し遂げた。以前の優勝記録は六段以下の棋士が対象の棋戦で、今回は全棋士が参加する朝日杯での快挙達成となった。

  • 将棋、藤井五段が羽生二冠破る 第一人者に公式戦初勝利

    2018/02/17 5:35 3

     中学生初の棋戦優勝を目指す最年少プロ、藤井聡太五段(15)は17日、東京都千代田区で指された朝日杯オープン戦本戦準決勝で羽生善治二冠(47)を破り、決勝に進出した。公式戦初対局で、第一人者から見事に勝利を飾った。  決勝は同日午後に行われ、広瀬章人八段(31)と対戦。最多29連勝を達成し、日本中を沸かせた中学生プロが大一番を迎える。藤井五段が勝てば、加藤一二三・九段(78)が1955年に六・五・四段戦(現在は終了)で達成した15歳10カ月を抜く。

  • 過去半世紀の最高作決定 7月に英ブッカー賞

    2018/02/16 22:13 2

     【ロンドン共同】世界的に権威がある英国の文学賞、ブッカー賞の第1回受賞作が発表されて今年で50年となるのを記念し、同賞財団は16日までに、過去半世紀の受賞作から最も優れた作品を7月に選び、「ゴールデン・ブッカー賞」を贈ると発表した。  5人の審査委員がそれぞれ異なる時代の10年分の受賞作を読み直して1点を決め、最終候補の5作を5月26日に発表。その後1カ月間、ウェブサイトで一般からの投票を募り、選考結果を7月8日に発表する。

  • 「道頓堀角座」が閉館へ 伝統の名称、5年で幕

    2018/02/16 20:42 2

     松竹芸能は16日、大阪・道頓堀の劇場「道頓堀角座」を7月末に閉館すると発表した。「角座」は江戸時代の芝居小屋を起源とする歴史ある名称。2013年にオープンし、若手芸人のライブなどを開いてきたが、5年で終了する。  同社によると、定期借家契約の満了が理由。劇場周辺は外国人観光客が急増しており、地価の高騰が影響して所有者側から契約の延長は困難と伝えられたという。同社は現在、大阪市内の別のエリアで劇場の移転先を探している。  同社は今後、時代の変化に合わせてインターネット上に「WEB角座(仮称)」を立ち上げて所属タレントの動画配信を強化するなど取り組みを始める。

  • 岸田国士戯曲賞に2人決定 神里雄大さんと福原充則さん

    2018/02/16 14:20 2

     第62回岸田国士戯曲賞(白水社主催)は16日、作家で演出家の神里雄大さん(35)の「バルパライソの長い坂をくだる話」と、劇作家で演出家の福原充則さん(42)の「あたらしいエクスプロージョン」に決まった。  賞金は各20万円。授賞式は4月16日午後6時から東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で。神里さんはペルー出身で、演劇カンパニー「岡崎芸術座」を主宰。福原さんは神奈川県出身で、劇団「ピチチ5」を主宰。

  • 全七冠の井山が棋聖防衛 国民栄誉賞を受賞後初

    2018/02/16 12:39 2

     囲碁の第42期棋聖戦7番勝負の第4局は15、16の両日、岩手県大船渡市で打たれ、井山裕太棋聖(28)が177手で挑戦者の一力遼八段(20)に黒番中押し勝ちし、4連勝で棋聖6連覇、全七冠を堅持した。  井山棋聖は13日、囲碁界初の国民栄誉賞を受賞しており、受賞後初のタイトル防衛となった。8日には国際棋戦のLG杯決勝3番勝負で中国棋士に1勝2敗で敗れたが、国内の挑戦手合では昨年の名人戦7番勝負第1局で敗れたのが最後で、14連勝中だ。

  • 京都移転へ文化庁強化 法改正案を閣議決定

    2018/02/16 1:22 3

     政府は16日、文化庁を観光振興など幅広い文化政策の中核と位置付ける文部科学省設置法改正案を閣議決定した。2021年度までの同庁の京都移転に向けて機能を強化し、経済成長につながる取り組みを加速させる。施行日は10月1日。  改正案は、文化庁が国の文化政策の立案や推進、関係行政機関の調整をつかさどると明記。観光庁が進める外国人旅行者誘致、経済産業省のアニメやゲームの輸出拡大、農林水産省の和食振興なども含めて、推進体制の取りまとめ役を担う。

  • 日本舞台のアニメ作で開幕 ベルリン国際映画祭

    2018/02/15 22:08 3

     【ベルリン共同】世界三大映画祭の一つ、第68回ベルリン国際映画祭が15日(日本時間16日)、開幕した。最高賞「金熊賞」を競うコンペティション部門に日本作品はないが、開幕作品はウェス・アンダーソン監督のアニメ「犬ヶ島」。日本の架空都市が舞台で、俳優の渡辺謙さんや夏木マリさんらが声で出演している。  特色ある作品を集めたパノラマ部門では、二階堂ふみさんらが出演する行定勲監督の「リバーズ・エッジ」が開幕作品に選ばれ、黒沢清監督の「予兆 散歩する侵略者 劇場版」も上映される。