Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

文化

すべてのカテゴリのニュース

  • 大阪にビリケンロボット登場 「粉もん、うまいで」|さきがけonTheWeb

    2015/08/07 8:38 12

     大阪・通天閣のシンボル「ビリケンさん」をモデルとし、人の声や表情を認識して会話するロボット「ビリケンロイド」が7日、研究者の交流拠点、ナレッジキャピタル(大阪市北区)に登場した。11月まで展示する。  ビリケンロイドは高さ約50センチ。そばにある電話機を通じてロボットに話しかけると、関西弁で応じる。来場者が呼び掛けると「どこから来たん」「(大阪は)粉もんのうまいところやな」などと関西弁で返事をする。音声や表情で性別や年齢を判別し、会話の後、その日の運勢を占い教えてくれる。

  • 王位戦第3局 広瀬、粘りで1勝返す

    2015/08/06 12:37 14

     将棋の羽生善治王位(44)=名人、王座、棋聖=に広瀬章人八段(28)が挑戦している第56期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第3局は6日午前9時から、北海道釧路市の日本料理店「六園荘」で指し継がれ、午後7時32分、147手で先手番の広瀬が勝ち、対戦成績を1勝2敗とした。広瀬は対羽生戦の連敗を9で止めた。持ち時間各8時間のうち残りは両者ともに1分。  羽生の2連勝で迎えた本局は

  • 俳優の花紀京さんが死去 吉本新喜劇、ドラマで活躍|さきがけonTheWeb

    2015/08/06 5:40 15

     「京やん」の愛称で親しまれ、吉本新喜劇などで活躍した俳優の花紀京(はなき・きょう、本名石田京三=いしだ・きょうぞう)さんが5日午後7時44分、肺炎のため大阪市の病院で死去した。78歳。大阪市出身。葬儀は近親者で行う。  父は昭和前半の人気漫才師横山エンタツ。関西大文学部を中退し、大阪で初舞台を踏んだ。草創期の吉本新喜劇の座長として人気を集め、ニッカーボッカーに腹巻き姿の「京やん」は当たり役。「お笑いの吉本」の発展に貢献した。

  • 作家の阿川弘之さん死去 戦争題材の小説、記録文学|さきがけonTheWeb

    2015/08/05 12:31 14

     「雲の墓標」「山本五十六」など戦争を題材にした小説や記録文学、軽妙で辛口のエッセーでも知られる作家で文化勲章受章者の阿川弘之(あがわ・ひろゆき)さんが3日午後10時33分、老衰のため東京都内の病院で死去した。94歳。広島市出身。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。  戦時下の若者の苦悩を描いた1952年の「春の城」で読売文学賞。さらに、広島の被爆者に取材した「魔の遺産」、特攻隊員の心境を描いた「雲の墓標」など、戦争の悲しみと悔恨を端正な文章でつづり、独自の文学的立場を切り開いた。

  • ももクロの成長がギュッと 本広監督の「幕が上がる」

    2015/08/05 6:40 10

     5人組アイドル「ももいろクローバーZ」が主演した、高校演劇がテーマの青春映画「幕が上がる」のブルーレイとDVDが発売された。本広克行監督は「映画に取り組んだ去年から今年にかけての、ももクロの成長がギュッと詰まった、大事なアルバムのような作品」と語る。  ももクロを

  • 戦後の預かり品を虫干し 横浜税関、引き取り呼び掛け

    2015/08/05 2:31 11

     横浜税関は5日、終戦後に海外から引き揚げた日本人から預かったままの紙幣や証券などの虫干し作業をした。全国最多の約13万人分、60万点超を保管しており、本人や遺族に引き取りを呼び掛けている。  横浜税関によると、連合国軍総司令部(GHQ)がインフレ防止のために日本国内への資産持ち込みを制限したため上陸地の税関に紙幣を預けたり、治安上の理由から個人での持ち込みに不安を感じて在外公館に免許証などの貴重品を託したりした人が居た。

  • 王位戦第3局始まる 第1局と同じ「横歩取り」

    2015/08/05 2:05 6

     将棋の羽生善治王位(44)=名人、王座、棋聖=に広瀬章人八段(28)が挑戦している第56期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第3局は5日午前9時、北海道釧路市の日本料理店「六園荘」で始まった。  5連覇を目指す羽生が

  • 巣鴨プリズンの資料展示 初公開の遺品が語る暮らし|さきがけonTheWeb

    2015/08/04 13:10 14

     極東国際軍事裁判(東京裁判)などでA級、BC級戦犯とされた元日本軍人らが収容、処刑された東京・巣鴨プリズン。そこでの暮らしぶりが分かる元収容者の遺品など約30点が東京都豊島区の区立郷土資料館の資料展「戦争を考える夏2015」で展示されている。同館によると、初公開の貴重なものばかりという。  展示品は、BC級戦犯の遺族から近年

  • 「火花」が200万部突破 芥川賞受賞作で歴代1位

    2015/08/04 8:59 16

     文芸春秋は4日、芥川賞に決まった人気お笑い芸人の又吉直樹さん(35)による小説「火花」を40万部増刷すると発表した。累計発行部数は200万部を突破し、209万部になる。  出版科学研究所(東京)などによると、芥川賞受賞作の単行本の発行部数としては、村上龍さん(63)の「限りなく透明に近いブルー」(1976年)の131万6千部を抜いて歴代1位。綿矢りささん(31)の「蹴りたい背中」(2003年、125万部)、柴田翔さん(80)の「されど われらが日々―」(1964年、106万6700部)なども上回った。

  • オネエ言葉で一発OK 「ミニオンズ」で日村勇紀

    2015/08/03 6:56 14

     米アニメ映画「ミニオンズ」の大ヒット記念舞台あいさつが東京都内で開かれ、日本語吹き替えをした女優の天海祐希、お笑いコンビ「バナナマン」(設楽統、日村勇紀)らが登場した。  女悪党スカーレット役の天海は「なるべく私の顔を思い浮かべずに見てもらいたいと思っていましたが、叫び出す場面では、すごく地が出てしまいました」と語った。  悪党一家ネルソンファミリーの長男役の日村は、別にスカーレットの専属美容師の声も担当した。「『“オネエ”っぽくやってください』と指示されて、一発OKでした。(長男役よりも)やりやすかった」と振り返ると、設楽も「日村さんは普段からオネエが出ちゃうからね」とうなずいた。