Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

文化

すべてのカテゴリのニュース

  • ももクロが臭いトーク 「防臭ヒロイン」就任

    2018/02/14 7:43 3

     「ビオレ 薬用デオドラントZ」新プロジェクト発表会が東京都内で開かれ、4人組アイドル「ももいろクローバーZ」が、汗と臭いにまつわるトークを繰り広げた。  ライブでの全力パフォーマンスがももクロの代名詞

  • 高村光太郎の書簡、秋田で発見 全集未収録の34通

    2018/02/14 7:43 2

     彫刻家で詩人の高村光太郎(1883~1956年)が詩集出版を巡り編集者とやりとりした書簡34通が、秋田県小坂町で見つかった。町が14日、明らかにした。いずれも全集に収められておらず、担当者は「高村研究の空白部分を埋める価値がある」としている。  小坂町立総合博物館郷土館の安田隼人学芸員(34)によると、書簡は1942~54年のもの。代表作の詩集「智恵子抄」の続編「智恵子抄その後」について「ものにならないと思います」と記しており、高村が出版にあまり乗り気ではなく、書籍として売れるかどうか不安を感じていたことがうかがえる。

  • 羽生、井山氏に栄誉賞授与 将棋、囲碁界で初

    2018/02/13 10:11 3

     将棋界史上初の永世七冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で初めて2度の全七冠独占を果たした井山裕太氏(28)の国民栄誉賞授与式が13日、官邸で行われた。安倍晋三首相は「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を与えた」とする表彰状を手渡した。  式典には両氏が和服姿で臨み、羽生氏の長女、舞花さんらも出席。安倍首相から表彰状と盾、記念品として山梨県から採石された雨端硯や熊野筆、両氏の七冠にちなみ七宝彩釉群鶴文硯箱が贈られた。

  • 五輪選手に自らを重ね 「鍛錬、精進」と錦戸亮

    2018/02/13 7:48 1

     人気アイドルグループ「関ジャニ∞」の錦戸亮が、主演映画「羊の木」の東京都内での舞台あいさつに登場。開催中の冬季五輪と同じく「4年ぶり」の映画出演となった錦戸はアスリートたちに自分を重ね、「しっかり鍛錬、精進し、すてきな映画を届けられるように頑張りたい」と意気込んだ。  寂れた港町の日常が

  • キキ&ララとひじ祭り お笑いコンビ「流れ星」

    2018/02/13 7:48 3

     お笑いコンビ「流れ星」(ちゅうえい、滝上伸一郎)と、サンリオの人気キャラクター「リトルツインスターズ」(キキ&ララ)のコラボレーショングッズの発表イベントが東京都内で開かれた。  ちゅうえいは「40年以上の歴史がある、キキ&ララと芸人のコラボは初めてでとてもうれしい」と喜びつつ、「“星つながり”で、『にゃんこスター』に先を越されるんじゃないかと心配していた」と笑わせた。  さらにグッズだけでなく、舞台上でもコラボが実現。流れ星の人気ネタで、ひじの神様を崇拝する「ひじ祭り」をキキ&ララと一緒に披露し、この日一番の拍手を浴びた。

  • トランプ氏批判の歌が話題 ロック歌手ニール・ヤングさん

    2018/02/13 7:48 1

     【ニューヨーク共同】カナダ出身のベテランのロック歌手ニール・ヤングさん(72)が昨年末に発表した、トランプ米大統領を真っ向から批判したアルバム「ザ・ヴィジター」が話題となっている。メッセージ色の強い「プロテストソング」(抗議の歌)として静かな人気を集めている。  「壁はいらない。ファシストの米国はいらない」などと歌う「オールレディ・グレイト」(既に偉大)は、題名からして「米国を再び偉大に」と訴えるトランプ氏を痛烈に皮肉ったものだ。

  • 俳優の川地民夫さんが死去 映画「まむしの兄弟」に出演

    2018/02/12 7:55 1

     菅原文太さんとコンビを組んだ映画「まむしの兄弟」シリーズなどで人気を博した俳優の川地民夫(かわち・たみお、本名河地猛=かわち・たけし)さんが10日午後4時59分、脳梗塞のため神奈川県横須賀市の病院で死去した。79歳。神奈川県出身。  関東学院大在学中に日活に入社し、1958年映画「陽のあたる坂道」で、石原裕次郎さんの弟役でデビュー。日活退社後は「まむしの兄弟」シリーズのほか、「仁義なき戦い」(73年)など多くの作品に出演。ユニークな個性を発揮した。

  • 四代目「桂春団治」襲名披露 春之輔さん、上方落語の大名跡

    2018/02/11 9:32 1

     上方落語の大名跡「桂春団治」の四代目を、桂春之輔さん(69)が11日襲名し、大阪・道頓堀の大阪松竹座で披露公演が開かれた。洗練された高座で知られ、上方の四天王の一人だった三代目が死去して以来、約2年ぶりに大名跡が復活した。  四代目春団治さんは「一番感謝するのはお客さま。本日のご来場、決して忘れるものではありません」と語り、昼の部の高座で古典落語「親子茶屋」を口演した。落ち着いた語り口で観客を魅了し、満員の会場を笑いで包んだ。

  • フジ「ウチくる!?」終了へ 中山秀征さんが司会

    2018/02/11 6:39 2

     フジテレビは11日、バラエティー番組「ウチくる!?」を、3月25日放送(関東地区)の回で終了すると発表した。タレントの中山秀征さん(50)が司会を務め、1999年から約19年間続いた。  中山さんらレギュラー出演者が、ゲストにゆかりある場所などを訪ねる構成で、2003年には視聴率が16・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した回もあった。フジテレビは「4月の改編にあたっての総合的判断」と説明している。

  • 中原中也賞にマーサさん デビュー作「狸の匣」

    2018/02/10 11:54 1

     優れた現代詩集に贈られる「中原中也賞」の選考会が10日、山口市で開かれ、埼玉県松伏町の会社員マーサ・ナカムラさん(27)の「狸の匣」に決まった。さまざまな時代や家族を描き出し、昨年10月に刊行されたデビュー作で「時間や空間の扱い方と柔軟さ、ユーモアは天性のものと言える」と評価された。  選考委員の1人、現代詩作家の荒川洋治さんは記者会見で「自由自在な詩。面白くて完成度が高く、人間の観察が非常に鋭い」と述べた。マーサさんは「中也から背中を押してもらった気持ち。心に残る詩を書いていけたら幸せです」などとコメントした。