Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

02:00 「山崎努さんの“熊谷守一”が見たい」から始まった「モリのいる場所」沖田修一監督インタビュー

44

08:00 憧れの先の自分らしさ〜安室奈美恵さんが教えてくれたこと〜コーセーのCM舞台裏

26

00:47 護岸閉鎖 海を分断 辺野古崎南【動画】

28

エンターテインメント

すべてのカテゴリのニュース

  • 北米映画興行収入=T・クルーズ主演「M:I」第6作の首位続く

    2018/08/06 3:37 5

    [ロサンゼルス 5日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、米俳優トム・クルーズが主演するスパイ映画シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」が3500万ドル(約38億9200万円)を稼ぎ、先週に続き首位となった。 2位はディズニーの人気キャラクター

  • ロシアが米俳優S・セガール氏を特使に任命、対米関係改善担う

    2018/08/06 2:23 2

    [モスクワ 4日 ロイター] - ロシア外務省は4日、米俳優スティーブン・セガール氏(66)を、ロシアと米国の人道分野での関係を担う特使に任命した。 ロシア国営テレビ局RTはセガール氏のコメントとして「常にロシアと米国の関係改善のためあらゆることをしたいと望んできた。何年も非公式に努力してきたが、このたび公式な任務として行う機会を与えられ感謝している」と報じた。 セガール氏主演の「沈黙の戦艦(Under Siege)」「沈黙のアフガン(Sniper: Special Ops)」などの映画はロシアで非常に人気がある。

  • 私が芥川賞作家になったのは 爺さんと将棋指したから

    2018/08/04 2:09 4

     私がプロ棋士を目指していたのは、二十一歳の頃である。将棋は子供の頃から得意だったが、「ヒカルの碁」に感動した私は、自分もプロになろうと思い立ち、しかし囲碁は全く分からないので、将棋の棋士を目指した。  二十一歳、年齢的にもぎりぎりの挑戦であった。当時の規定では、二十三歳までに奨励会に入り初段になっていないと、プロ棋士への道はほぼ鎖(とざ)されてしまう。私は将棋関連の書籍を片手に、日々、自分ならではの独自の戦術を編み出そうとしていた。高橋システムの開発である。  そして半年の研究の末に、私は己の棋力を試そうと、東京の将棋センターを訪れた。自信はあった。子供の頃、将棋ならば誰にも負けたことはない。私は村の名人だったのだ。

  • 米LA検察、BSBのニック・カーターの性的暴行疑惑を調査

    2018/08/03 3:26 3

    [ロサンゼルス 2日 ロイター] - 米ロサンゼルスの検察当局は2日、バックストリート・ボーイズのニック・カーターが関わったとされる15年前の性的暴行事件を見直していると発表した。 カーターは昨年11月、15年前に当時10代のポップ歌手をレイプしたとの嫌疑を否定し、申し立てられたことにショックを受け悲しい、と述べていた。 バックストリート・ボーイズは1990年代後半から2000年代初めに人気を博したボーイズバンドのひとつで、「クイット・プレイング・ゲームス」など数々のヒット曲を持つ。

  • ヒラリー・クリントン氏、女性参政権巡るテレビ番組をプロデュース

    2018/08/02 6:17 6

    [ロサンゼルス 1日 ロイター] - 米国のヒラリー・クリントン元国務長官に、「テレビプロデューサー」という新たな肩書きが加わることになった。 クリントン氏は1日にツイッターで、スティーブン・スピルバーグ監督と協力して、参政権を獲得するために闘った女性たちを描いた小説「The Woman’s Hour」をテレビ映像化すると発表した

  • ライザ・ミネリのオークション、「キャバレー」の衣装は約900万円

    2018/08/02 4:14 4

    [ロサンゼルス 1日 ロイター] - 米ロサンゼルスで、女優で歌手のライザ・ミネリさん(72)のゆかりの品々のオークションが開かれ、代表作の映画「キャバレー」で使用した山高帽、ブーツ、ホルタートップのベストに8万1250ドル(約907万円)の値が付いた。 この「Love, Liza」と題したオークションは3日間開催され、120万ドルを超える売り上げを記録した。なかには事前予想の3倍以上の価格が付いたものもあった。 ミネリさんの帽子、スカーフ、デザイナーのホルストン氏が手掛けた洋服などの私物に加え、母親の女優ジュディ・ガーランドさん、父の映画監督ビンセント・ミネリさんが所有した品々など1700点以上が出品された。

  • 朝ドラ定番のヒロイン、ほど遠い鈴愛ちゃん 賛否両論

    2018/08/01 20:56 4

     放送中のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」が放送終盤に突入した。今作の脚本は、1990年代のトレンディードラマを数多く手がけた「恋愛の神様」が手がけたことで話題を呼んでいるが、朝ドラに詳しいライターの田幸和歌子さん(45)は、恋愛以外の要素に着目する。  注目は、恋愛の神様

  • 球児の姿で日本文化伝えたい 花巻東に米映像作家ら密着

    2018/08/01 6:46 5

     米国のドキュメンタリー番組制作チームが、夏の甲子園に出場する花巻東などのチームを密着取材をしている。野球部の細かい礼儀や応援活動を通して日本の文化を伝えるのが狙いだ。  ニューヨークに拠点を置く映像作家の山崎エマさんらスタッフは、今年3月から花巻東のほかに徳島県や神奈川県のチームをまわって撮影している。焦点を当てるのは、野球部員たちのきびきびしたあいさつや時間に対する厳しさなどだ。  山崎さんは「高校野球は日本的な文化、慣習が詰まっている」と話す。番組は来年春に完成予定で、アメリカの他に韓国やキューバなど野球が盛んな国で放送される見通しだという。

  • 「ヴォーグ」、名物編集長アナ・ウィンター氏退任のうわさを否定

    2018/08/01 4:47 5

    [ロサンゼルス 31日 ロイター] - アメリカ版「ヴォーグ」を発行するコンデナスト社は31日、名物編集長のアナ・ウィンター氏(68)は「無期限に」ポストに留まると述べ、同氏が30年務めた編集長を辞めるとのうわさを一蹴した。 同社はツイッターに「アナ・ウィンターは計り知れない影響力を持ち、才能にあふれ創造的なリーダーだ。弊社の将来の変化にとって不可欠で、今後も無期限にヴォーグ誌の編集長であり、コンデナストのアーティスティック・ディレクターの仕事を続けることに合意している」と投稿した。

  • 「プーと大人になった僕」のプレミア、ユアン・マクレガーら登場

    2018/08/01 2:23 5

    [バーバンク(米カリフォルニア州) 31日 ロイター] - ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化した「プーと大人になった僕」(日本公開9月14日)のワールドプレミアが30日、カリフォルニア州バーバンクのウォルト・ディズニー・スタジオで開催された。 主人公のクリストファー・ロビンを演じた俳優ユアン・マクレガーをはじめとしたキャストや、メガホンを取ったマーク・フォースター監督、作曲家のリチャード・M・シャーマンらが参加した。ミッキーマウスやミニーマウスも登場し、一緒に写真撮影に応じた。