Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

健康

すべてのカテゴリのニュース

  • 動物体内でヒトの臓器作成に道 文科省部会が指針了承

    2018/07/20 20:29 3

     動物とヒトの細胞を持った「動物性集合胚(はい)」の取り扱いについて、文部科学省の専門部会は20日、より幅広い基礎研究ができるように指針を改正することを了承した。今後、内閣府の専門会議で認められれば、動物の体内でヒトの臓器を作る研究に道が開ける。  動物性集合胚は動物の受精卵が成長した段階の胚にヒトの細胞を入れたもの。国は2013年、動物の体内でヒトの臓器を作る基礎研究を認める見解をまとめており、文科省が指針改定に向けて技術面や倫理などの観点から検討してきた。

  • 「今年の熱波は未体験ゾーン」 救急医学会が緊急提言

    2018/07/20 10:33 3

     連日の猛暑を受けて日本救急医学会は20日、熱中症予防に関する初の緊急提言を発表した。特に子どもや高齢者は熱中症になりやすいとし、水分をこまめに取ることや涼しい場所への誘導、周囲が互いに注意し合うことなどを提言する。横田裕行代表理事は「熱中症は怖いが、注意すれば100%防げる」と対策の徹底を求めた。  同学会の熱中症に関する委員会の清水敬樹委員長によると、勤務する東京都立多摩総合医療センターの救命救急センターでは今年は熱中症による救急搬送患者が多く、特に重症者が多いという。清水さんは「今年の熱波は未体験ゾーン。危機的状況にある」と語った。

  • 平均寿命、男女とも最高更新 世界で女性2位、男性3位

    2018/07/20 8:49 4

     2017年の日本人の平均寿命は女性が87・26歳、男性が81・09歳で、いずれも過去最高を更新した。20日に厚生労働省が発表した「簡易生命表」で明らかになった。  前年比で、女性は0・13歳、男性は0・11歳延びた。がん、心疾患、脳血管疾患などの死亡率が改善したことが影響した。仮にこの3大死因で亡くなる人がいなくなると、女性で5・61歳、男性で6・81歳延びるという。厚労省の担当者は「健康意識の高まりや生活習慣の改善が結果に表れている。医療水準の向上などで、今後も延びる可能性は十分にある」と話す。

  • 受動喫煙ゼロ、そろり前進 広がる全席禁煙店

    2018/07/19 20:15 4

     他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日、成立した。多くの人が使う施設を原則禁煙とし、罰則付きで義務づけるかつてない規制だ。全面施行は2020年4月。飲食店では半数以上が例外扱いなど骨抜きが目立つが、「受動喫煙ゼロ」に向け、社会は少しずつ動き出している。  受動喫煙対策が急がれるのは命に直結する問題のためだ

  • 東京の救急出動、2日連続で最多更新 1日に3036件

    2018/07/19 8:52 3

     東京消防庁は19日、18日の管内(稲城市と島嶼(とうしょ)部を除く東京都内)の1日あたりの救急出動は3036件で、2日連続で過去最多を更新したと発表した。17日は2900件で、救急業務を始めた1936年以降の最多を記録したばかりだった。熱中症の疑いで救急搬送された人が18日は今年最多の317人(速報値)だったことなどが影響した。  気象庁によると

  • 結核の医師、発覚直前まで診療 380人に感染リスク

    2018/07/19 5:32 4

     日本医科大学付属病院(東京都文京区)は、肺結核を発症した耳鼻咽喉(いんこう)科・頭頸部(けいぶ)外科の医師が、直前まで診療を行っていたと、19日発表した。医師は別の病院に入院している。付属病院は、発症した医師から長時間、長期間の診療を受けた患者と、感染・発症した場合に症状が重くなるリスクがあり、診療を受けた患者計約380人を対象に検診を行う。  同病院によると

  • オンライン服薬指導、保険適用に 条件満たせば 厚労省

    2018/07/18 12:12 2

     スマートフォンなどを使い薬剤師が離れた場所にいる患者に薬の飲み方などを説明する「オンライン服薬指導」が、18日から公的医療保険の対象になった。厚生労働省が18日に決定し、即日実施した。すぐに適用されるのは国家戦略特区でオンライン指導が認められている地域に限られるが、厚労省は全国に拡大するため、来年の通常国会で関連法の改正を目指している。  オンライン指導が保険適用となるのは

  • 受動喫煙法が成立、防止を義務化 20年4月全面施行へ

    2018/07/18 2:33 3

     多くの人が使う施設で喫煙を規制する改正健康増進法が18日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。すべての人に罰則付きで禁煙場所での喫煙を禁じ、これまで努力義務だった同法の受動喫煙防止を義務化する。東京五輪・パラリンピック前の2020年4月に全面施行する。  改正法は、望まない受動喫煙をなくすことが目的

  • トレーラーハウスで夜間診療開始 岡山・真備の小学校

    2018/07/18 0:48 3

     西日本豪雨で被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町で17日、避難所の薗(その)小学校にトレーラーハウスが設置され、夜間診療が始まった。NGOの「ピースウィンズ・ジャパン」(広島県)と「災害人道医療支援会」(東京都)が企画した。  被災者の中には、浸水した家の片付けをして熱中症になったりけがをしたりする人がいる。正午から午後5時までは教室の一室で診療してきたが、作業で夜まで戻れない人が多いため、夜間も始めたという。  夕方になると、片付けで釘でケガをした人や、不眠で悩む人らが駆け込んだ。熱中症と診断された近藤裕子さん(48)は「毎日朝から夕方まで片付けをしてたら急に今日、フラフラした。どこか診てもらう所を探していたので、ちょうどよかった」と話した。

  • ゲノム編集でDNA消失、新技術の信頼ゆらぐ 英チーム

    2018/07/16 15:11 4

     遺伝子を自在に操作できるゲノム編集技術の一つ「クリスパー・キャス9」を使うと、DNAの一部が意図せずに消えてしまう恐れがあることを英国の研究チームが発見した。医療への応用が期待される新技術の信頼性がゆらぐ結果で、チームは、編集された遺伝子を徹底して調べるべきだと警鐘を鳴らしている。  科学誌「ネイチャー