Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

健康

すべてのカテゴリのニュース

  • 化学工場で6人肺疾患、有機粉じん吸引か 厚労省調査へ

    2017/04/28 13:37

     厚生労働省は28日、整髪料などの原料となる粉末状の有機化学物質を製造する化学工場で、請負業者の男性作業員6人が間質性肺炎などの肺疾患を発症したと発表した。作業場で高濃度の有機粉じんが発生しており、作業員が吸引したとみられる。厚労省は今後、発症原因の究明を進める。  厚労省によると

  • 熊本知事、胃がんで手術へ 「震災対応、体はストレス」

    2017/04/28 3:53

     熊本県の蒲島郁夫知事は28日、3月に受けた健康診断の結果、早期の胃がんが見つかった、と発表した。5月2日に熊本市内で手術を受け、7日まで入院する予定という。  蒲島知事によると、がんの大きさは9ミリほどで、内視鏡による切除手術をする。蒲島知事は、昨年4月に熊本地震が起きてから、その対応に追われてきた。この日の会見では「震災対応でリーダーは明るく元気というのが大事だと思って尽力してきた。ただ、体の方はストレスを一身に受け止めていたのではないか」と話した。

  • 抗がん剤効果など治療指針作成へ 厚労省、患者調査

    2017/04/27 2:34

     厚生労働省は、高齢のがん患者向けの治療指針づくりにのりだす。高齢者への抗がん剤治療にどれだけの効果があるかについてデータが少なかったが、今夏にまとめる第3期がん対策推進基本計画に、高齢者の治療法研究を盛り込む。延命や生活の質といった多様な観点から、大規模な患者調査をする方針。  抗がん剤はがん治療に効果があるが

  • 血液型と性格、研究は90年前から 厳密さ欠くニセ科学

    2017/04/26 10:34

     「あなたB型でしょう」などと記者もよく言われるが、血液型で性格がわかるという考え方は、実は日本や韓国などごく一部の国でしか通用しない。世界で初めてこれを提唱したのは、古川竹二という日本の教育学者だった。  1927(昭和2)年、東京女子高等師範学校

  • 認知症と診断されたら 本人は?家族は? 専門医に聞く

    2017/04/26 9:34

     認知症と診断されたとき、本人や家族はどう受け止めればいいのでしょうか。認知症をめぐる不安や薬についての相談を医師に伝えるコツについて、長年認知症や認知症のケアに取り組んできた医師の本間昭さんに聞きました。  「いったんできあがった知能が、脳の病気で支障をきたすようになり、普段の社会生活・仕事が難しくなる状態」というのが、一番簡単な定義です。珍しい病気も入れると原因となる病気は、70ぐらいあります。  代表的なものを4大疾患といいます。一番多い6割強を占めるのが、もの忘れが増えて気づくことが多い「アルツハイマー型」です。2番目がありありとした幻視などが特徴の「レビー小体型」、3番目が「脳血管性」、4番目が同じ時間帯に同じ行動を繰り返したり、抑制が効かなくなったりする「前頭側頭型」の順番です。

  • 無痛分娩で出産中に意識失い死亡 子どもは無事 大阪

    2017/04/25 12:49

     大阪府和泉市の産婦人科医院で1月、麻酔でお産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産中の女性(当時31)が意識不明になり、その後死亡したことが捜査関係者らへの取材でわかった。府警は院長らから事情を聴いており、業務上過失致死容疑での立件も視野に調べている。  医院の代理人弁護士らによると

  • 患者選定ミス防止へ部門新設 移植ネットの検索不具合

    2017/04/25 10:33

     移植患者を選ぶ検索システムに不具合があり、提供を受けるはずだった3人が心臓移植を受けられなかった問題で、日本臓器移植ネットワーク(移植ネット)は25日、再発防止策を発表した。患者の選定業務だけをする専任部門と、検索システムの検証・管理を担う情報統括部門を新設する。  患者の優先順位を付ける業務はこれまで、病院間の調整などをするコーディネーターが兼務してきた。5月からは選定に特化する部門を設け、責任者をおく。7月設置を目指す情報統括部門には、外部から責任者を招き、より精度の高いシステムの構築を目指す。

  • 伊藤忠の若手104人、減量に挑戦 優勝賞品はなぜか…

    2017/04/25 6:08 1

     商社で働きながら、ダイエットで格好良くなる――。伊藤忠商事は25日、若手社員の健康増進に向けて実施した企画「スタイルアッププログラム」の結果を発表した。社員104人が2カ月間、専門家のアドバイスを受けながらダイエットに取り組んだ。10キロの減量に成功した社員もいた。  参加したのは

  • がん闘病中に不妊治療 経験者の女性2人、アプリ開発中

    2017/04/24 18:01 1

     30代でがんを発症し、治療と同時に不妊に向き合った女性2人が昨年、不妊に悩む女性向けに情報発信する会社を設立しました。今秋には、自らの経験を生かし、不妊治療の履歴や医療費をスマートフォンで一括管理できるアプリを配信する予定です。  西部さんは

  • 肝炎薬の偽造品、和歌山の病院が購入 無許可業者から

    2017/04/24 3:07

     高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題で、和歌山県内の病院が医薬品の卸売り販売業の許可を持たない大阪市内の業者から偽造品2本を仕入れていたことが、厚生労働省などへの取材でわかった。同省によると、一連の問題で偽造品が医療機関に納入されたことが明らかになるのは初めて。  同省や和歌山県