Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

健康

すべてのカテゴリのニュース

  • ダニ被害、実は秋が要注意 スプレー駆除剤の効き目は…

    2018/10/08 2:00 3

     ダニは、高温多湿の梅雨から夏場がピークのイメージがありますが、実は秋こそ要注意。夏に増えたダニのフンや死骸から生じる「ダニアレルゲン」は、これからの季節に最も多くなるからです。特に、じかに肌に触れる寝具などは、どうダニから守ればいいのか。専門家に聞きました。  ダニは気温

  • 「レイプは性的テロ、防ぐ闘いに参加を」平和賞の医師

    2018/10/07 13:01 3

     紛争下でレイプ被害に遭った女性たちに寄り添い続け、今年のノーベル平和賞の授与が決まったコンゴ民主共和国の婦人科医、デニ・ムクウェゲ氏(63)が6日、自身の病院で朝日新聞の取材に応じた。「レイプは性的テロリズムだ。日本人も女性たちの苦しみを知り、レイプを防ぐ闘いに参加して欲しい」と話し、理解と支援を呼びかけた。  ムクウェゲ氏は「何年も前から平和賞の候補に挙げられ、実はあきらめかけていた」と語り、「賞はレイプ被害を受けた女性らのものだ。彼女らこそ、この賞に値する」と述べた。

  • 「感染しない」皮膚の病気かんせん 道端さんが呼びかけ

    2018/10/06 5:28 4

     皮膚の病気「乾癬(かんせん)」について知ってもらおうというイベントが5日から、東京ミッドタウン(東京都港区)で開かれている。初日は、昨年、乾癬であることを公表したモデルの道端アンジェリカさん(32)が登壇。「病気のことを知ってもらえると、患者さんも日常が過ごしやすくなる」と呼びかけた。  乾癬は、皮膚が赤くなり

  • デーモン閣下、こども医療電話相談に提言「まず周知を」

    2018/10/06 2:59 4

     「上手な医療のかかり方」を広めるための厚生労働省の懇談会の初会合後、発信力があるアーティストとして参加したデーモン閣下さんが取材に応じた。デーモン閣下さんは、適切な受診を促すための情報発信の重要性を指摘し、受診すべきかどうか、迷った際の電話相談の周知徹底を呼びかけた。  デーモン閣下さんはこの日の自己紹介で、「うわっはっはっは、デーモンである」とおなじみのセリフで場を和ませた。その後、懇談会の終盤に発言しようと考えていたが、根本匠厚生労働相が駆けつけたこともあり、自身の発言の機会はなかった。懇談会終了後の取材に、「準備していたのに大臣が来て、結局一言も発言しませんでした」とぼやいた。

  • ブルーライトは目に悪くない? 科学誌発端、世界で論争

    2018/10/06 2:47 4

     スマートフォンなどから出る青色光「ブルーライト」が、視力に影響するのかどうか。目の細胞に悪影響を与えるとする、海外の科学誌の論文を発端に、論争が起きている。日本ではブルーライトをカットする眼鏡などが普及しており、SNSでも反響が広がっている。  論文は7月、英科学誌「サイエンティフィック

  • デーモン閣下「我が輩も考え直す」医療のかかり方で会合

    2018/10/05 10:33 6

     「上手な医療のかかり方」を考え、広めるための懇談会を厚生労働省が設置し5日、初会合を開いた。医療機関の適切な受診方法について、議論の場を設けるのは初めて。不要不急な受診を減らし、長時間労働が問題になっている医師の負担軽減を目指す。  背景には、不適切な受診によって大病院や土日祝日に外来患者が集中して

  • 10分間の運動で記憶力アップ 筑波大、学生実験で確認

    2018/10/05 1:51 6

     筑波大学などの研究グループが、10分程度の軽い運動をするだけで、人の脳の海馬が刺激され、記憶能力が向上することを実験で確かめた。米科学アカデミー紀要に論文が掲載された。運動によって海馬が活性化することはわかっていたが、軽い運動を短時間するだけで効果があることがわかった。  同大の征矢

  • 囲碁の次は、AI乳がん診断 ディープマインド社が研究

    2018/10/04 3:39 4

     囲碁の次は、画像診断に挑戦――。米グーグルの親会社アルファベット傘下の英ディープマインド社は4日、乳がんの早期診断を支援する人工知能(AI)の研究を、東京慈恵会医大病院(東京都港区)と始めると発表した。囲碁で世界トップ棋士を破ったAI技術を生かし、医師より高精度に乳がんの兆候を見つけられるか検証する。  乳がんは国内で増えており、国立がん研究センターは2018年に約8万7千人の日本人女性が乳がんにかかると予測している。特に若い女性は、乳腺の密度が高い人が多く、マンモグラフィー(乳房X線撮影)でもがんが判別しにくいケースがある。  同社は、AIを使って画像中のがんの特徴をとらえる技術を開発するため、慈恵医大病院を2007~18年に受診した約3万人と、英国の3万人の画像をAIに学習させる。

  • シャア専用で白髪に立ち向かえ 敵は白いヤツ=ガンダム

    2018/10/03 8:40 4

     「シャア専用」で白髪に立ち向かえ――。ヘアカラー大手のホーユー(名古屋市)が、1979年放映の人気アニメ「機動戦士ガンダム」の敵役と手を組んだ男性用白髪染めを開発した。白髪もガンダムも、キーワードは「白いヤツ」。異例のタッグで、染毛とは距離を置いてきた団塊ジュニアを引きつける作戦だ。  1日に数量限定で発売された

  • がん経験者が働きやすい企業表彰 「ゴールド」は12社

    2018/10/02 22:40 4

     がん経験者が働きやすい職場や社会作りを目指す民間有志のプロジェクト「がんアライ部」は2日、先進的な取り組みを続ける企業の表彰式を都内で開いた。最上位に選ばれた企業のうち3社が、がんになっても社員が働きやすいための社内制度や風土作りについて発表した。  今回の表彰は