Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

健康

すべてのカテゴリのニュース

  • 風景写真の癒やし効果、予想以上 見るだけで疲れ軽減

    2014/09/28 23:08 158

     手軽でよく効く疲労対策はないだろうか――。理化学研究所が、穏やかな海や花畑の風景など「癒やし画像」と呼ばれる写真に注目し、効果のほどを調べたら、予想を超える威力が見えた。日本疲労学会で発表した。  理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター(神戸市)の水野敬研究員らはまず、風景写真約200枚を20~40代の男女22人に見せ、「癒やされる」度合いを5点満点で評価してもらい、集計。各人のトップ12枚を「癒やし写真」、ワースト12枚を「非癒やし写真」とした。

  • お酒に弱い人、心臓も? 心筋梗塞、重症化の傾向

    2014/09/28 6:45 140

     お酒に弱い体質の遺伝子型を持つ人は、心筋梗塞(こうそく)になったときに心臓のダメージが大きくなりやすいとする研究結果を、米スタンフォード大のチームがまとめた。ヒトのiPS細胞を使った実験で確かめたという。論文を米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシン電子版に発表した。  お酒に強いか弱いかは

  • デング熱の免疫持った蚊1万匹放出 ブラジルで予防策

    2014/09/27 22:14 42

     デング熱が毎年のように流行するブラジルで、デングウイルスを媒介しない蚊を自然界に増やすことで、人間への感染拡大を防ぐ新たな試みが始まった。ウイルスの免疫を持たせた計1万匹の蚊を放し、感染源の蚊と交配させる計画で、研究者は「画期的な予防法になる」と期待している。  リオデジャネイロの研究所が24日、発表した。同研究所によると、蚊を「ボルバキア」と呼ばれる細菌に感染させると、体内でデングウイルスの増殖が抑えられ、人間への感染源にもならないことがわかった。この細菌に感染した蚊と別の蚊の間には、デングウイルスに免疫がある蚊しか生まれないため、将来的にデング熱の感染を抑制できる可能性があるという。

  • IMF、エボラ熱対策で140億円支援 「さらに必要」

    2014/09/27 6:52 42

     国際通貨基金(IMF)は26日、エボラ出血熱が流行している西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネ3カ国に対し、合わせて1・3億ドル(約140億円)の緊急支援をすることを正式に決めた。  IMFによると、3カ国合計で約3億ドルの資金が不足する見込みで、今回の支援でその半分ほどを支援する。ラガルド専務理事は「多国間や二国間による追加支援が必要だ。IMFは状況を注視しており、さらなる支援の用意がある」とのコメントを出した。

  • 富士フイルム傘下社開発のエボラ未承認薬、患者に初投与

    2014/09/26 14:48 159

     富士フイルムは26日、傘下の富山化学工業がインフルエンザ治療薬で開発した「アビガン」が、エボラ出血熱の患者に使われたと発表した。アビガンがエボラ患者に投与されるのは初めて。  アビガンは、世界保健機関(WHO)が、エボラ出血熱の治療に効く可能性があるとして、投与を容認している未承認薬の一つ。富士によると、リベリアの首都モンロビアでエボラ出血熱の患者を手当てしていたフランス人の女性看護師が感染。仏政府機関から富士と日本政府に9月初めに薬の提供依頼があった。女性はフランスの病院に移り、19日からアビガンを服用しているという。

  • デング熱感染、新たに3人 中目黒公園などで感染か

    2014/09/26 8:37 115

     厚生労働省は26日、デング熱の国内感染が新たに3人で確認されたと発表した。3人のうち東京都内の30代男性は9月上旬に目黒区の中目黒公園で感染した可能性がある。目黒区は26日、公園内を駆除した。国内感染は17都道府県の計147人になった。  東京都によると、残り2人のうち神奈川県の30代男性は勤務先に近い新宿中央公園周辺で感染した可能性がある。もう1人は都内の10代男性で、どこで感染したか不明という。  一方、都は国内感染の感染源とみられる代々木公園(渋谷区)で24~25日に採取した蚊からウイルスが検出されなかったと発表した。都は4日に同公園の大半を閉鎖。週に1度、調査してきたが、ウイルスの不検出は閉鎖後、初めて。都は当面、閉鎖を続け、調査と駆除を続ける方針。

  • デング熱、中目黒公園でも疑い例 蚊を駆除へ

    2014/09/26 3:22 97

     デング熱の国内感染で、東京都は26日、新たに目黒区の区立中目黒公園を訪れた都内の30代男性がデング熱に感染した疑いがあると発表した。9月上旬に公園を訪れ、13日に発症したという。目黒区は26日に公園での駆除を始める方針。  都は一方で、国内感染の感染源になったとされる代々木公園(渋谷区)で24~25日に採取した蚊からウイルスは検出されなかったと明らかにした。都は4日から同公園の大半を閉鎖。週に1度、蚊を採取して調査してきたが、ウイルスの不検出は閉鎖後初めて。同公園内の蚊は減少しつつあるが、都は当面閉鎖を続け、調査と駆除を続ける方針。

  • お達者ニッポン、陸上で世界新 男女とも世界最高齢

    2014/09/26 1:14 107

     日本のおじいさん、おばあさんが「世界」を驚かせている。23日まで岩手県であったアジアマスターズ陸上選手権では「世界新」「アジア新」と記録を次々と更新。8月には、最高齢のギネス世界記録保持者が、男女とも日本人になった。さて、その背景は――。  アジアマスターズには

  • 成人3割がHIV感染の王国 一夫多妻の風習、温床に

    2014/09/24 20:21 205

     成人の約3人に1人がエイズウイルス(HIV)に感染している南部アフリカの王国スワジランド。世界で最も感染率が高いとされる小さな国を訪ねると、一夫多妻制といった固有の文化と風習が、感染予防の妨げとなっている現実が見えた。  8月下旬、首都ムババーネ近郊

  • iPS眼科治療、特区対象に 関西圏の事業計画

    2014/09/24 11:50 107

     地域を絞って規制を緩和する国家戦略特区の区域会議が24日午前に開かれ、関西圏(大阪府、京都府、兵庫県)の事業計画がまとまった。iPS細胞をつかった網膜再生治療やロボット支援手術などが対象に盛り込まれた。近く開かれる特区諮問会議で認定される。  計画では、目の再生医療の拠点