Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

健康

すべてのカテゴリのニュース

  • 対がん協会長、全国縦断へ がんサバイバーへの支援訴え

    2018/02/03 3:39 4

     がんと診断された人を意味する「がんサバイバー」への支援を呼びかけ、日本対がん協会の垣添忠生会長(76)が全国を縦断する。今月5日の福岡市から7月下旬には札幌市へ。交通機関も一部で使うが、総移動距離約3500キロの大半を歩く予定という。「サバイバーを孤立させない社会にしたい」と訴える。  国内では年間に約

  • がんで妻亡くし、自身も…垣添忠生さん「孤立させない」

    2018/02/02 12:55 3

     がんで妻を亡くし、自身もがんを経験した日本対がん協会長の垣添忠生さん(76)が2月から約半年かけて全国を歩いて回り、がんサバイバーへの支援を呼びかけます。がんとの共生社会の実現にかける思いを聞きました。  2018年2月5日から約半年かけて

  • 「性器の手術失敗で排尿困難に」 医療法人を提訴

    2018/02/02 9:30 4

     性器の手術の失敗により排尿が困難になったなどとして、50代の男性が、千葉県船橋市のクリニックを運営する医療法人に対し、慰謝料など約2億4千万円の支払いを求める訴えを千葉地裁に起こした。2日、第1回口頭弁論があり、医療法人側は請求棄却を求める答弁書を提出して争う姿勢を示した。  訴状によると、男性は2015年10月27日、このクリニックで性器の変形修正や増大の手術を受けた。4日後に内出血や痛みを訴え、点滴などの治療を受けたが治らなかった。その後、別の病院で一部が壊死(えし)していると診断され、手術を受けたが、排尿が困難になったという。  男性側は、組織の壊死など手術による重い副作用について、クリニックから十分な説明がなく、痛みを訴えた後も適切に治療されなかったと主張している。

  • 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬

    2018/02/02 8:52 3

     1回飲むだけの新たなインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」が5月にも発売される見通しになった。ウイルスの増殖を抑えるこれまでになかったタイプ。塩野義製薬が開発した。従来の薬に耐性を持ち、効きにくくなった人にも効果が期待される。  A型、B型のインフルエンザウイルス感染症が対象

  • 「おっぱいにビー玉あるよ」母のがん、子にどう伝える?

    2018/02/02 2:14 3

     これは、「がんを告知されたら、子どもにどう伝えたらいいのか」を考える記事です。記者(30)は、4歳の息子の母親。今までは子育てと仕事に追われる毎日のなか、どこかがんを「自分とは別の世界のこと」と感じていました。でも、小林麻央さんら同じ年ごろの子どもがいる著名人らの病気がニュースになるたびに、心がざわつくように――。「子育ては?」「治療は?」「子どもになんて言えば……」。考えるほど、不安が大きくなりました。  母親は自分の健康を後回しにしてしまいがち

  • ハンセン病療養所、漫画で描く 患者取材重ねて12年

    2018/02/01 15:37 4

     物語は1996年の姫路市から描かれる。岡山県瀬戸内市沖の長島にある、国立療養所邑久光明園(おくこうみょうえん)にいた経験を持つ高齢女性の上原麦(麦ばあ)と、中絶手術を受けた短大生・聡子がふとしたことで出会い、麦ばあの昔語りが始まる。  96年は患者の強制隔離を定めた

  • 福岡市役所、全館禁煙 職員「仕事中は我慢するしか…」

    2018/02/01 4:37 2

     福岡市役所の屋内にあった喫煙所が1日から廃止され、庁舎内が全館禁煙になった。1月31日夜に財産管理課の職員らが本庁舎に6カ所、北別館に1カ所あった喫煙所を回り、灰皿用のバケツや黄ばんだ仕切りのカーテンを取り外した。  喫煙所に換気扇はあったが外部とはカーテンで仕切っただけで、廊下や階段に煙が漏れ、受動喫煙対策が不十分だった。市は代わりに地上と屋上に4カ所の喫煙所を設けた。屋内喫煙所の廃止に合わせて、1日から職員に昼休み以外の勤務中の喫煙を禁止した。

  • 田中耕一さんの技術、アルツハイマー早期診断への道開く

    2018/01/31 22:04 3

     血液を使い、アルツハイマー病と関係の深い物質が脳にたまっていることを発症前に見つける手法を確立したと、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)と島津製作所(京都市)などのチームが1日、英科学誌ネイチャーで報告する。  今回開発された手法は

  • アルツハイマー、血液で原因物質を検出 発症前診断に光

    2018/01/31 18:53 3

     血液を使い、アルツハイマー病と関係の深い物質が脳にたまっていることを発症前に見つける手法を確立したと、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)と島津製作所(京都市)などのチームが1日、英科学誌ネイチャーで報告する。早期診断や治療薬の開発につながると期待される。  この病気はアミロイドベータと呼ばれる異常たんぱく質が脳にたまるという特徴があり

  • 輸血でE型肝炎ウイルスに感染、80代女性死亡

    2018/01/31 13:25 2

     血液製剤の輸血を昨年7月に受けた80代の多発性骨髄腫の女性患者がE型肝炎ウイルスに感染し、11月に劇症肝炎で死亡していた。厚生労働省の有識者会議で31日、報告された。女性は輸血を受けた後に肝機能が悪化。製剤のもとになった血液と女性の血液から同じE型肝炎ウイルスが検出された。製剤の供給元の献血者は、シカの生肉を食べたことで感染した可能性があるという。  女性は高齢だったことやそれまでの抗がん剤治療により肝機能が低下していたこともあり