Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

健康

すべてのカテゴリのニュース

  • 子どもの近視、進行抑える研究 特殊なコンタクト使用で

    2018/06/15 10:18 10

     コンタクトレンズで近視の矯正だけでなく、進行そのものを抑えられないか――。子どもを対象にした、そんなねらいの臨床研究を始めると、京都府立医大が15日、発表した。近視の低年齢化が問題になるなか、筑波大との共同研究で、近視に悩む小学生計100人を募集する。  使うのは、「多焦点コンタクトレンズ

  • 医療費未払いの外国人、再入国拒否へ 訪日客で後絶たず

    2018/06/14 12:03 9

     医療費を支払わない外国人観光客が後を絶たない問題を受けて政府は、再び未払いになる恐れがある外国人の再入国を拒否することを決めた。訪日外国人の医療の課題を議論してきた政府のワーキンググループが14日、総合対策に盛り込み、公表した。今年度中に連絡体制などを整え、2019年度中に始める。  再入国を拒否する金額の基準は

  • コメダ珈琲、新規店舗は原則全面禁煙 「吸う人減った」

    2018/06/14 10:49 9

     コーヒーチェーンのコメダ珈琲(コーヒー)店は、新たに開く店舗については原則、「全面禁煙」とする方針だ。新規出店するフランチャイズ(FC)経営者に禁煙を要望しており、国会で議論されている受動喫煙防止対策を先取りするねらいだ。  全国で800店ほどを展開するコメダは今年度

  • がんの増殖促す分子だけ破壊 「光線力学療法」で新手法

    2018/06/14 4:34 12

     特殊な光を当ててがん細胞を死滅させる「光線力学療法」で、がんの増殖や転移を促す分子だけを破壊する新たな方法を、甲南大の川内敬子准教授(腫瘍(しゅよう)分子生物学)と三好大輔教授(分子設計化学)らの研究チームが開発した。実用化されれば、これまで治療が難しかったがんにも効く可能性があるという。  一般に光線力学療法は

  • 受動喫煙法案、国民民主が規制厳しい対案 厚労委で審議

    2018/06/13 4:21 10

     受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の本格的な審議が13日、衆院厚生労働委員会で始まった。国民民主党は、店舗面積30平方メートル以下のバーやスナック以外の飲食店は原則屋内禁煙(喫煙専用室は設置可)とする、改正案より規制が厳しい対案を提出した。与党は今国会での成立を目指しているが、規制内容をめぐり、意見が対立している。  加藤勝信厚労相は委員会で、「(改正案は)新たに開設する店を原則屋内禁煙とするなど、対策が段階的に進む実効性のある案だ」と述べ、法改正への理解を求めた。

  • がん検査薬を私的独占容疑、製造大手に立ち入り 公取委

    2018/06/13 2:17 12

     がん検査に使われる放射性医薬品をめぐり、製造大手の「日本メジフィジックス」(東京都)が他社の事業を不当に制限した疑いがあるとして、公正取引委員会は13日、独占禁止法違反(私的独占)容疑で立ち入り検査をした。公取委は、同社が他社の参入を妨げることで市場を独占し、薬剤の価格を高止まりさせるおそれがあると判断した模様だ。  日本メジ社は

  • 夜更かしの75歳以上、認知症リスク高まる 長寿医療研

    2018/06/12 21:56 11

     夜更かしする75歳以上は認知症のリスクが高まるとする調査結果を、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)などの研究チームがまとめた。14日から京都市で始まる日本老年医学会で発表する。  2011年度に、有志で参加した大府市の65歳以上のうち、認知症や認知症になるリスクの高い脳卒中などの疾患のある人を除いた4268人の起床や就寝時刻などを調べた。このうち、約4年後までに認知症を発症した人は、75歳未満で73人(2・3%)、75歳以上で113人(10%)いた。  認知症の発症リスクと就寝時刻の関係をみたところ、75歳未満では差がなかったが、75歳以上では、午後9~11時に寝る人に比べて、午後11時以降に寝る人は認知症の発症リスクが1・83倍高かった。

  • 過食怖くて…悩む人とパンケーキ 経験者だから寄り添う

    2018/06/09 10:23 4

     食べるのが怖い、食べることを止められない――。そうした拒食や過食といった「摂食障害」への医療・生活面の支援が行き届かない中、SNSを通じて悩みを聞いたり、就労支援を始めたりしている女性たちがいる。摂食障害を乗り越えた経験をもとに、回復の支えになればという思いで活動を続けている。  3月上旬。東京都の会社員、野邉まほろさん(24)は、インスタグラムで連絡してきた長野県の女子大学生と都内のカフェでパンケーキを食べていた。「過食になってから怖くて食べられない。挑戦してみたい」。大学生の願いを聞き、野邉さんが誘った。

  • がん見落とし、死亡との因果関係認める 千葉大病院

    2018/06/09 3:41 3

     千葉大学病院で30~80代の男女9人の患者に対してCT検査画像診断の報告内容を医師が見落とすなどしてがんの診断が遅れ、2人が死亡した問題では、担当医が自分の専門分野だけに注目し、別の部位のがんの存在を見落とすという構造が浮かんだ。病院は8日の記者会見で、当初治療していれば結果は変わった可能性があるとの認識を示し、診断の遅れと死亡との因果関係についても認めた。  病院によると

  • CT報告「がん疑い」、担当医見落とす 千葉大2人死亡

    2018/06/08 12:53 9

     千葉大学病院(千葉市中央区)は8日、30~80代の男女9人の患者について、CT検査画像診断の報告内容を医師が見落とすなどしたため、がんの診断が最大約4年遅れ、4人の治療に影響があり、2人が腎臓や肺のがんで亡くなったと発表した。別の2人は現在も治療を継続。このうち1人の男性患者が昨年7月に受診した際、がんの疑いが見落とされていたことが発覚し、病院が調査していた。  病院によると