Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ライフスタイル

すべてのカテゴリのニュース

  • ヤフー、視覚障害向けに選挙情報 都議選対象、特設サイト

    2017/06/22 9:15

     ヤフーは22日、視覚障害者がネット上で選挙情報を簡単に調べられる特設サイト「聞こえる選挙」を公開した。23日告示の東京都議選が対象で、選挙公報や開票速報を順次載せていく。今後、国政選挙などでも実施するか検討する。  これまで視覚障害者を対象にした包括的な選挙サイトが乏しく、「情報がないので投票する人が有名かどうかに左右される」「健常者と同じ情報を得られるようにしてほしい」といった不満の声が上がっていたという。

  • 愛知県体育館の移転検討へ 「ピンポン外交」舞台

    2017/06/22 9:15

     愛知県の大村秀章知事は22日、米中関係正常化につながる「ピンポン外交」の舞台として知られる「愛知県体育館」(名古屋市中区)の新築移転を検討すると明らかにした。大相撲の会場としても使われる同体育館は1964年開館で老朽化が進んでいた。  大村氏は県庁で記者団に、大相撲会場としての風格や国際大会を開催できる設備の整備、ピンポン外交の継承が重要と指摘。「これらを実現できるのであれば、前向きに検討したい」と述べた。  体育館は鉄筋コンクリート3階建て。市が国から借りた名古屋城二の丸内の土地に県が設置している。移転先は名古屋城北側の公園が候補に挙がっている。

  • 教員の「働き方改革」諮問 勤務時間改善向け中教審

    2017/06/22 4:13

     松野博一文部科学相は22日の中教審総会で、学校現場の長時間労働解消に向け、対応の遅れが指摘される教員の勤務時間管理に関する改善策などを検討するよう諮問した。今後の議論で、子どもの教育を巡る学校と家庭、地域の役割分担も含め、学校現場の「働き方改革」への有効な手だてを示せるかが注目される。  総会で中教審の複数の委員からは、教員に時間外手当の支給を認めていない教職員給与特別措置法(給特法)が「無制限の時間外労働の原因になっている」として、廃止も含めた見直しを検討すべきだとする意見が出た。

  • 小学校英語授業は弾力的に 文科省、指導要領解説書を公表

    2017/06/21 10:29

     文部科学省は21日、2020年度以降に実施される小中学校の次期学習指導要領の解説書を公表した。小学5、6年で初めて教科となる英語では、授業時間確保のため短時間授業や夏休み、週末を使った授業など弾力的な指導の重要性を明記。社会では中学校で憲法改正の具体的な手続きに初めて触れ、小中で領土の指導も詳述した。小学校では自衛隊の役割に「国の平和と安全を守る」と記載した。  解説書は児童生徒に教えなければならない学習内容や教育目標を定めた指導要領の中身を詳しく説明するため、教員向けに作成。指導や教科書作成の指針となる。

  • 京都・鞍馬寺で「竹伐り会式」 「大蛇」退治で豊作祈る

    2017/06/20 17:45 1

     大蛇に見立てた青竹をたたき切り、五穀豊穣を祈る祭事「竹伐り会式」が20日、京都市左京区の鞍馬寺であり、観客約700人が僧兵姿の男たちの勇壮な刀さばきに見入った。  平安時代、鞍馬寺中興の祖峯延上人が修行中に襲ってきた大蛇を退治した伝承にちなむ。江戸時代からは東の「近江座」と西の「丹波座」に分かれ、速く竹を切った地方が豊作になるとされる。  午後2時、ほら貝が鳴り、僧兵姿の8人が長さ約4メートル、直径約10センチの青竹を山刀でたたき切った。1分もかからず決着し、今年は6年ぶりに近江座が勝利した。竹の破片は魔よけになるとされ、観客らが次々に拾った。

  • 長崎・出島の橋、試験点灯 11月に130年ぶり完成へ

    2017/06/20 12:04

     江戸時代の鎖国下で海外との窓口だった長崎市の出島で20日、約130年ぶりに架けられた橋に設ける発光ダイオード(LED)照明の試験点灯が行われた。夜に訪れる観光客らにも、川面に浮かぶように映る橋の姿を楽しんでもらう狙い。橋は11月下旬に完成し、その後は毎晩点灯する見通し。  出島の北側を流れる中島川を照らすため、市は橋桁の側面に約6千個の電球を付けた。橋の長さは約38・5メートル。午後7時半ごろに全てが点灯すると、オレンジ色の柔らかな光の線で出島と対岸がつながった。

  • 主要港湾にヒアリ調査要請 神戸港で確認受け国交省

    2017/06/19 15:36

     強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が神戸港のコンテナヤードから見つかったことを受け、国土交通省は19日、全国125カ所の主要港湾を管理する地方自治体などに、ヒアリがいないか調査するよう求めた。  要請文書では、神戸港でヒアリが発見された経緯や現状を説明。他地域の港湾でも、神戸港にヒアリを運んだとみられる中国・広州市から送られた荷物や、荷物を取り扱った場所を調べ、発見した場合は、国交省と環境省に通報することを求めた。調査結果の報告期限は今週後半とした。

  • 入試24年度から全面移行の方向 新テスト、英語の民間試験

    2017/06/19 3:14

     現行の大学入試センター試験に代えて2020年度から始める「大学入学共通テスト(仮称)」の英語の出題方法を巡り、文部科学省が23年度までは民間検定試験とマークシート式試験を併存させ、24年度から民間試験に全面移行させる方向で検討を進めていることが19日、分かった。  文科省は、民間試験を活用したい意向だが、貧困家庭の高校生にとって受験料が負担となったり、地域によって受けられる試験の種類に差が出たりする恐れも指摘されている。

  • 「パンダウナギ」が3匹? 宮崎・串間

    2017/06/17 21:19 1

     宮崎県串間市の「志布志湾海の駅イルカランド」は、展示している白と黒のまだら模様のニホンウナギ=写真=3匹を「パンダウナギ」としてPRしている。  鹿児島県大崎町の大手養鰻(ようまん)業者「鹿児島鰻(うなぎ)」が水揚げした中に交じっており、昨年10月にもらい受けた。色素変異で白黒になったとみられる。同社が年間約600万匹を出荷する中で、毎年数匹見つかっており、「多くの人に見てほしい」という業者の意向で、3匹は新しいすみかを得た。

  • 「マイ骨つぼ」売れてます デザイン多彩 終活の風に乗って

    2017/06/17 8:15 1

     人生の終わりに向けて準備する「終活」が注目される中、生前にお気に入りの骨つぼを購入するシニア層が増えている。華やかな色合い、美しい絵柄…。骨つぼは白色が一般的だが、好みを見定め、独自仕様を注文するこだわり派も。「死後のすみかを吟味する幸せ」。最後まで自分らしさにこだわる。  ユリなどの花柄