Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ライフスタイル

すべてのカテゴリのニュース

  • 「セーラームーン」公式店を開業 東京・原宿で23日

    2017/09/20 9:06

     バンダイは20日、人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の商品を扱う公式店舗を、東京・原宿で23日に開くと発表した。セーラームーンの常設店は世界初で訪日外国人客のファンにも足を運んでもらいたい考えだ。  出店先は商業施設「ラフォーレ原宿」で、店舗面積は約53平方メートル。青とピンクをそれぞれ基調とした二つの空間に、シャンデリアなどを華やかに飾る。内装は季節ごとに変える。商品は菓子や雑貨などを含めて280種類以上を取りそろえ、店舗限定やインターネット限定の商品も手に入る。

  • 大阪で吉本興業創業者の特別展 朝ドラ「わろてんか」モデル

    2017/09/20 9:06

     大阪商工会議所は20日、NHK連続テレビ小説「わろてんか」が10月に放送開始するのに合わせ、ヒロインのモデルとなった吉本興業創業者の吉本せい(1889~1950年)の特別展を、大阪市中央区の大阪企業家ミュージアムで10月3日から開くと発表した。来年1月31日まで。  吉本せいは、米穀商の娘として生まれ、1912年に大阪市で寄席の経営を始めた後、多くの演芸場を傘下に収めていった。特別展では、せいの女性企業家としての足跡をパネルとゆかりの品で紹介。せいが愛用した化粧箱や、実際に配っていた名刺などを展示する。見学料は大人300円。

  • 男性育休、忖度が阻む? 「周りは否定」と勘違い

    2017/09/20 6:29

     男性の育児休業取得が進まない要因の一つに、「自分は育休を肯定するが、周囲は否定的に違いない」と誤って忖度してしまう「多元的無知」と呼ばれる心理現象があるとの調査結果を、九州大の研究チームがまとめた。20日付の欧州科学誌電子版に発表した。  チームは昨年4月、勤務先に育休制度がある20~40代の日本人男性に、インターネット上でアンケートを実施した。育休への自身の評価と、他者が育休をどう評価していると思うか聞き、実際に取る意思があるか質問。299人の回答を得た。

  • 羽田、4年連続五つ星 世界空港ランキング

    2017/09/19 10:08

     羽田空港の国内線・国際線の各ターミナルビルを運営する日本空港ビルデングと東京国際空港ターミナルは19日、英航空関連調査会社「スカイトラックス」の世界の空港ランキングで、世界最高水準となる「5スターエアポート」に4年連続で選ばれたと発表した。  運営する両社によると、サービス水準や施設の使いやすさ、清潔さなどで高い評価を得た。昨年の旅客数は8千万人を超えており、「2020年の東京五輪に向け旅客数増加が予想される。信頼され続ける空港を目指す」としている。

  • 戸籍事務にマイナンバー導入 法制審に諮問

    2017/09/19 8:18

     法務省は全国の市区町村が扱う戸籍事務にマイナンバー制度を導入する方針を固め、上川陽子法相が19日、法制審議会(法相の諮問機関)に戸籍法改正を諮問した。パスポートの申請や婚姻届の提出などの際、マイナンバーを示せば戸籍証明書(戸籍謄本や戸籍抄本)の添付を不要とするもので、上川法相は法制審総会で「国民の利便性向上と戸籍事務の運営効率化の観点から検討をお願いしたい」と述べた。法務省は法制審の審議を経て、2019年の通常国会で法改正したい考えだ。

  • カープ連覇でセール開始、広島 地元は祝福ムード

    2017/09/19 5:45

     プロ野球広島カープのセ・リーグ連覇から一夜明けた19日、広島市中心部のデパートなどでは優勝セールが始まった。連覇は37年ぶりとあって、快挙を心待ちにしていた地元は祝福ムードに包まれた。  広島市中区の老舗デパート「福屋」八丁堀本店では、開店前から長蛇の列ができた。午前10時の開店前にはくす玉が割られ、「優勝おめでとう」の垂れ幕が出ると大きな拍手が湧き起こった。  神戸市から夫婦で駆け付けた衛藤克彦さん(52)と由加さん(42)は午前4時から列に並んだ。「優勝の瞬間は何度見ても泣ける。余韻をかみしめながらセールを楽しみたい」と口をそろえた。

  • コンビニも「技能実習」対象に 外国人アルバイト、既に4万人超

    2017/09/18 13:07

     コンビニ各社が加盟する日本フランチャイズチェーン協会が「外国人技能実習制度」の対象職種にコンビニの店舗運営を加えるよう、年内にも政府に申請する方針を固めたことが18日、分かった。政府は有識者会議で審査し、協会が示した実習内容などに問題がなければ認めるとみられる。  人手不足が慢性化しているコンビニ業界は、留学生を中心に外国人アルバイトを積極採用、大手3社で全店員の6%弱に当たる計約4万4千人に達した。技能実習の対象職種になればさらに増えるのは確実だ。

  • 日本一は重さ416・7キロ 香川で「どでカボチャ大会」

    2017/09/18 11:00 1

     全国から巨大なカボチャを持ち寄り、重さを競う「日本一どでカボチャ大会」が17、18の両日、香川県の小豆島で開かれ、三重県木曽岬町の会社員花井為数さん(69)が、重さ416・7キロ(胴回り3・6メートル)で優勝した。  今年は31回目の開催で、香川県のほか、千葉、山梨、愛知など計12府県から51人が参加した。花井さんには、米国で開かれる世界大会に日本代表として出場する権利が与えられた。  3回目の出場で初優勝した花井さんは、会社勤めの傍ら、毎朝一番にカボチャの様子を見るのが日課。「みるみる大きくなる姿が、わが子のようにかわいかった」と笑顔で話した。

  • 釜堀さん千日回峰行達成 地球1周踏破、戦後14人目

    2017/09/18 8:09

     比叡山延暦寺(大津市)の一山善住院住職、釜堀浩元さん(43)が18日、比叡山中などを巡礼し、地球1周分に当たる約4万キロを踏破する天台宗の荒行「千日回峰行」を終えた。記録が残る比叡山焼き打ち(1571年)以降51人目で、戦後14人目。  釜堀さんはこの日、未明に山内にある玉照院を出発。約300カ所を巡拝しながら約30キロ歩き、午前9時ごろ行の拠点、明王堂に帰還した。早朝から集まった約200人の信徒たちが出迎えた。

  • パンダの結浜1歳に、和歌山 白浜のレジャー施設で誕生会

    2017/09/18 3:24

     数字の「1」や結浜の顔をかたどった氷のケーキを屋外運動場に用意。多くの来場者がお祝いした。札幌市から来た会社員藤原羽澄さん(27)は「パンダを見るのは初めてだったけど、すごくかわいい。これからも健やかに、大きく育ってほしい」と話した。  結浜は昨年9月18日、同施設で雄の「永明」と雌の「良浜」の間に生まれた。順調に成長しており、体重は26・6キロ。おてんばな性格で、永久歯も生えそろってきて竹をかじるようになったという。