Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ライフスタイル

すべてのカテゴリのニュース

  • 新型新幹線、日中走行を公開 JR東海、加速や揺れ確認

    2018/06/05 5:48 10

     JR東海は5日、三河安城駅(愛知県安城市)で東海道新幹線の新型「N700S」の試験走行を公開した。3月に夜間の走行試験を始めており、4日から日中の試験も始めた。加速やブレーキの性能、対向する新幹線とすれ違った際の揺れ方などを確認する。  この日は浜松工場(浜松市)を出発し、新大阪までの往復約600キロを走る。豊橋や三河安城、名古屋、京都、新大阪の各駅に停車する。今後は週に2~3回、日中と夜間に試験を行う。停電時に自走するため車体下部に搭載したバッテリーを使った試験走行も9月ごろから実施する。

  • フリー女性子育てで国に要望 市民団体、出産手当金など

    2018/06/04 14:16 8

     弁護士や翻訳家などフリーランスで働く女性の出産や保育に関する制度が不十分として、市民団体「雇用関係によらない働き方と子育て研究会」は4日、出産手当金などの制度改正を求める約1万3900人分の署名を厚生労働省に提出した。  フリーランスの人の多くが加入している国民健康保険では出産手当金の給付義務がないが、一定以上の保険料を納付している人には支給するよう要望。認可保育園の利用の優先順位を、会社員と同様かそれ以上の労働時間であれば同等に扱うことも求めた。

  • 境港でクロマグロ初水揚げ 鳥取県、1500匹

    2018/06/04 14:16 7

     全国有数のクロマグロ水揚げ量を誇る鳥取県境港市の境港で4日、今シーズン初の水揚げと初競りがあった。新潟県沖の日本海で、巻き網漁で捕獲された約1500匹(計約43トン)が、運搬船から次々に引っ張り上げられた。  内臓を取り除いた後、鮮度を保つために氷を詰めて市場に並べられた。重さ30キロ前後が中心で、1キロ当たりの最高は2240円。ほとんどが東京や大阪方面に出荷された。夏のクロマグロは産卵前で脂ののりがほどよく、さっぱりとした味わいだという。

  • 金沢「百万石行列」初夏の訪れ 前田利家役に高橋克典さん

    2018/06/03 4:44 9

     金沢に初夏の訪れを告げる「百万石まつり」のメインイベント「百万石行列」が2日、市内で行われ、武者姿や加賀友禅の着物姿の市民ら約2500人が中心街の大通りを練り歩いた。  行列は初代加賀藩主、前田利家の金沢入城を再現。出発地点となるJR金沢駅前で、利家役の俳優高橋克典さん(53)が「いざ、出立じゃ」と采配を振ると、集まった観客は「利家さまー」と熱狂した。行列の子どもたちが、所々で伝統芸能の「加賀とびはしご登り」を披露しながら進んだ。

  • くまモンで入場2百万人に 熊本の観光物産館で式典

    2018/06/02 16:38 9

     熊本県のPRキャラクター「くまモン」に会える観光物産館「くまモンスクエア」(熊本市中央区)の入場者数が2日、開館から約5年で200万人を突破、記念セレモニーが開かれた。節目となった入場者に、くまモンが記念盾などを贈呈。  くまモンは200万人達成を記念し、200の形をした眼鏡を持って登場。体全体で喜びを表現し、司会の女性が「皆さんのおかげでハッピーだモン。もっともっと遊びに来て。待っとるモン」と“代弁”した。  くまモンスクエアは、2013年7月24日に開館した。近年は海外でもくまモンを使った商品が人気で、海外からの観光客が入場者の半数近くを占めるという。

  • 函館にスルメイカ初水揚げ 不漁続き「今年こそ」

    2018/06/02 16:38 10

     北海道函館市の近海でスルメイカ漁が解禁され、2日早朝、約1・5トンが初水揚げされた。例年より少なめ。市水産物地方卸売市場での初競りでは、冷凍せずに水揚げした「いけすイカ」が1キロ4300円の高値で取引された。ここ数年、深刻な不漁が続いており、漁業者からは「厳しい」との声が漏れた。  解禁は1日。北海道松前町沖に出漁した18隻は2日午前2時ごろまでに港に戻った。船のいけすから網ですくい上げられたイカは勢いよく跳ね、水を噴き出していた。

  • 豪雨被災地で「ほたる祭」 福岡・東峰村、復興へ光

    2018/06/02 16:38 8

     昨年7月の九州北部の豪雨で被災した福岡県東峰村の宝珠山川で2日、恒例の「宝珠山ほたる祭」が開かれた。ホタルの幼虫が流され、開催が危ぶまれたが、5月下旬から飛び交う姿が少しずつ見られるようになった。住民らは「残ったホタルは村の希望の明かり」と復興への思いを重ねた。  付近はホタルの乱舞が見られる名所として知られ、ほたる祭は今回31回目。だが主催する「宝珠山ほたるを育てる会」によると、生息するゲンジボタルは被災前の1割程度に激減。約200匹を放流したが、川は護岸が崩れ、成育環境の再生には時間がかかるという。

  • 番組ネット配信の共通化を 規制改革会議が答申へ

    2018/06/01 23:02 11

     政府の規制改革推進会議が近くまとめる答申で、NHKや民放が別々に実施しているテレビ番組のインターネット配信を、共通のプラットフォーム(基盤)で行うよう提案することが1日、関係者への取材で分かった。  日本勢が団結して、米国発の世界的サービス「ネットフリックス」などに対抗する狙い。実現すれば、視聴者は同じサービスで各局の番組を見られるようになる。  現在、NHKの「NHKオンデマンド」など有料サービスで、主に放送済みの番組を提供。民放各局は「TVer(ティーバー)」で、放送直後の一部番組の無料配信も実施している。答申は事実上、これらの統合を要請する。

  • 幼保無償化批判に与党議員が共感 衆院厚労委「金持ち優遇」

    2018/06/01 23:02 9

     政府が来年10月の消費税増税に合わせ実施する幼児教育・保育の無償化に関し、1日の衆院厚生労働委員会で野党議員が「歴史上ほかにない金持ち優遇策」と批判し、与党議員が共感を示す一幕があった。安倍晋三首相が主導した政策に与野党がけちをつけた格好だ。  認可保育施設の利用料は今でも低所得世帯は減免され、高所得ほど高く設定されている。3~5歳児は消費税の増税分を使い無償となる。国民民主党の山井和則議員は「裕福な世帯に重点的に税金が使われる。厚労省も与党も本音では反対ではないか」と主張。8千億円規模とされる予算を、保育士の賃上げなどにこそ充てるべきだと訴えた。

  • 出生数、2年連続百万人割れ 出生率1・43、人口減加速

    2018/06/01 23:02 10

     2017年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は統計開始以来、最少の94万6060人(前年比3万918人減)となり、2年連続で100万人を割り込んだことが1日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。女性1人が生涯に産む子どもの推定人数「合計特殊出生率」は前年比0・01ポイント減の1・43と2年連続で低下。死亡数は134万433人で、出生数を引いた人口の自然減は39万4373人と過去最大の減少幅となった。