はれのひ晴れ着トラブル 篠崎社長聴取へ 粉飾決算で融資金詐取の疑い:イザ!

2018/06/23 3:21

11 0

 振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)=破産手続き中=が成人の日を前に突然営業を取りやめた問題で、粉飾した決算書類を示して銀行から融資金をだまし取った疑いが強まったとして、神奈川県警が詐欺容疑で、近く同社の篠崎洋一郎社長(55)から任意で事情聴取する方針を固めたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

 篠崎社長は同日、滞在先の米国から帰国予定で、聴取を進めた上で容疑が固まり次第、逮捕する方針。はれのひが1月8日の成人の日を前に店舗を閉鎖した影響で、横浜市や東京都八王子市で晴れ着を着られなくなった新成人が相次いだ。混乱を招いた破綻の経緯を解明するため、県警は本格的な捜査に乗り出す。

 捜査関係者によると、篠崎社長は平成27年9月期の決算書で約4800万円の売り上げを架空計上し、返済できないと分かっていながら神奈川県内の銀行から数千万円の融資を受けた疑いが持たれている。融資金は着物の購入代金などにあてていたとみられる。

出典: iza.ne.jp

カテゴリページへ

Loading...