プラ板に浮かぶ3D映像 オムロンが世界で初めて開発

2014/10/05 4:32

191 0

プラ板に浮かぶ3D映像 オムロンが世界で初めて開発

 電子機器大手のオムロン(京都市)が、透明なプラスチック板にLEDの光を当てるだけで3次元映像が浮かび上がる新技術を開発した。同社によると世界初の技術という。矢印がどの場所を指しているのかがわかりやすくなる駅の案内板などへの実用化を検討している。

 今回は10センチ四方のプラスチック板で開発したが、いくらでも大きくできるという。矢印を浮かび上がらせて駅の案内板にしたり、小売店でショーウインドーの商品と映像を組み合わせたりもできる。これから商談を進め、実用化の道を探っていく。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...