ラトル氏がロンドン交響楽団へ 「最後の仕事」と抱負|さきがけonTheWeb

2015/03/04 2:45

30 0

 【ロンドン共同】ロンドン交響楽団は3日、英国人の世界的指揮者、サイモン・ラトル氏(60)を2017年9月に音楽監督に迎えると発表した。同氏は「これが私の最後の仕事だ」と抱負を語り、母国を代表する同楽団を長期にわたって率いる意向を明かした。

 ラトル氏は02年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任し、世界最高水準とされる同楽団を長く指揮してきたが、契約満了となる18年8月をもって退任する予定。約1年間は、両楽団の音楽監督を兼任するという。

出典: sakigake.jp

カテゴリページへ

Loading...