ロシア正教の教会で銃撃、信者5人死亡 ISが犯行声明

2018/02/19 1:52

2 0

 ロシア・メディアによると、同国南部ダゲスタン共和国の小都市キズリャルで18日、男がロシア正教の教会を外から銃撃し、女性信者5人が死亡した。ほかに4人が病院に運ばれ、2人が重傷という。事件後、過激派組織「イスラム国」(IS)が系列のアマク通信を通じて犯行声明を出した。

 ロシア通信などによると、男は同共和国の別の村に住む22歳で、直後に治安部隊に射殺された。男は教会で祭儀が終わった後、教会の外に出てくる信者を猟銃で狙い撃ったとみられる。銃撃の際、男がアラビア語で「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだとの証言もある。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...