三鉄をヤフーやポケモンが応援 旧駅名板オークションも

2015/03/31 20:14

4 0

 東日本大震災で被災した岩手県の第三セクター・三陸鉄道(三鉄)が全線運行を再開してから4月5日で1周年になる。まだ復興途上にある三鉄が、その魅力を発信しようと様々な取り組みを進めている。

 北リアス線では4、5の両日、お座敷列車やレトロ列車を記念運行する。一方、南リアス線では、ポケモンの装飾を施した「ポケモントレイン」がJR釜石線から乗り入れ、計3往復運行する。

 ヤフーやポケモンとコラボして、ネット上に特集ページ「三陸鉄道応援 のせるのは、人だけじゃない」も開設。運転士らが登場するポケモン公式替え歌動画「サンテツ言えるかな?」で三鉄全駅をPRするほか、鉄道グッズも出品されるチャリティーオークションもある。

 4回に分けられたオークションに三鉄は「小石浜駅(現・恋し浜駅)の旧駅名板」(120センチ×80センチ)や「1日車掌になれる券」「車両内で使用されていた灰皿」を出品する。オークションを運営するヤフー側は「なかでも駅名板は、旧駅名のものだけに貴重だ。いくらで落札されるか全く予想がつかない」と話す。また、地元特産品のホタテも出品される。

 このページではオークションのほか、ネットユーザーが不用品を買い取り業者に売るたびに、業者が三鉄支援金を寄付する「寄付型支援」も紹介している。

 オークションの売り上げや寄付などで集められた支援金は、地元NPOを通じ、新たな駅名板の整備などに充てられる予定だ。特集ページのURLはhttp://reuse.yahoo.co.jp/archives/sanriku.html。三陸鉄道への問い合わせ電話は0193―62―8900(旅客サービス部)まで。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...