中国籍の技能実習生を殺人容疑で逮捕 被害者と同居の女

2018/10/28 0:19

4 0

 群馬県伊勢崎市内のアパートで27日、中国籍の技能実習生の女性が頭から血を流しているのが見つかり、その後死亡が確認された事件で、群馬県警は28日、同居する伊勢崎市曲沢町の中国籍の技能実習生、劉秋穎容疑者(30)を殺人の疑いで逮捕し、発表した。「生活のことで注意され、怒りで我慢できなかった。包丁で切りつけた」と、容疑を認めているという。

 伊勢崎署によると、劉容疑者は、27日午前、同居する中国籍の技能実習生、李雪さん(25)の頭部を切りつけ、殺害した疑いがある。李さんと劉容疑者は、市内のペット関連用品を製造する工場で働いており、他の中国人技能実習生の女性と3人で同居していた。犯行時、他の技能実習生の女性は外出中だったという。同日午後11時半ごろ、近くに住む男性が、部屋から女性の泣き声をするのを聞き部屋を訪れたところ、李さんが倒れているのを見つけ、119番通報した。同日11時20分ごろ、劉容疑者に声をかけられた市内の女性から署に連絡があり、署が劉容疑者を任意同行し話を聞いたところ、事件への関与を認めたという。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...