中江さん「読書で栄養補給」 又吉さん「人間変える手段」 鹿児島市で「文学カフェ」

2015/02/21 16:24

20 0

 「九州芸術祭文学カフェin鹿児島」(九州文化協会など主催)が21日、鹿児島市であり、沖縄県在住の芥川賞作家、又吉栄喜さん(67)と、女優で脚本家、作家の中江有里さん(41)が対談した。

 前半は読書がテーマとなり、中江さんは「楽しくもあるが、つらく苦しいこともある」、又吉さんは「その苦しさを通り抜けて救いにいたる」などと語った。それぞれの執筆方法にも話は及び、中江さんが「読むことと書くことは切り離せない。読んで栄養補給をします」と語ると、沖縄を舞台に作品を書いてきた又吉さんは「半径2キロ内に米軍基地などがあり、それが原風景となって物語が立ち上がる」と話した。

 会場の文学ファン約200人から「小説は世界を変えられるか」という質問もあり、又吉さんは「小説は暗中模索で人間を探ってきた。人間を変える手段にはなる」と答えた。

出典: nishinippon.co.jp

カテゴリページへ

Loading...