今日の株式見通し=一進一退、米株大幅安が重し

2015/03/31 23:36

2 0

[東京 1日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は一進一退となりそうだ。前日の米国株安が重しとなるが、これまで出遅れていた中小型株への物色などが指数を下支えする見通し。一方、日銀短観や中国の経済指標の内容次第では上下に振れる可能性も指摘されている。

名実ともに新年度相場入りし、市場では国内機関投資家による益出しの売りを警戒する声がある一方、「指数の値動きが鈍るなかで、中小型の出遅れ銘柄に対する物色が見込まれる」(ケイ・アセット代表の平野憲一氏)と指摘され、一定の底堅さは維持される見通し。日経平均は25日移動平均線(1万9140円62銭=31日)が目先の下値めどとして意識されやすいという。

きょうは午前8時50分に3月日銀短観が発表される。ロイターがまとめた民間調査期間の予測によると、大企業製造業足元DIの予測中央値はプラス14となっている。また日中には3月中国非製造業PMI(国家統計局)や3月中国製造業PMI改定値(HSBC)などが発表される予定で、日本株への影響が懸念されている。

出典: jp.reuters.com

カテゴリページへ

Loading...