伊「同盟」、ユーロ離脱優先せず 成長支援へ赤字拡大容認=議員

2018/05/11 2:45

2 0

[ローマ 10日 ロイター] - イタリアの極右政党「同盟」の幹部議員は10日、ユーロ圏からの離脱は同党にとって優先課題の1つではないと述べた。経済成長を促すため、財政赤字の拡大を容認する考えも示した。

同盟の上院議員で経済学者のアルベルト・バグナイ氏は記者団に対し「欧州経済通貨同盟(EMU)は失敗する運命にある。理にかなっていない」と述べた。

一方で「ユーロ離脱は党の最優先課題の1つではない」とも述べ、成長を支えることが最優先だと強調。財政均衡目標がイタリア経済を崩壊させたとし、同盟は財政赤字の拡大を容認して成長を支援する考えだと述べた。

出典: jp.reuters.com

カテゴリページへ

Loading...