加茂レインボービーチ、海水浴場の開設断念 鶴岡・人手不足で安全確保できず|山形新聞

2018/06/23 2:01

4 0

加茂レインボービーチ、海水浴場の開設断念 鶴岡・人手不足で安全確保できず|山形新聞

 鶴岡市の加茂レインボービーチで今季、海水浴場が開設されないことが22日、分かった。運営する加茂地区自治振興会は監視員と看護師がそろわず、来場者の安全が確保できないためとしている。開設されないのは2002年の同ビーチ完成以来初めて。関係者は「来季以降も人員を確保できるかどうか分からない」と頭を抱えている。

 同会はシーズン中、平日に3人、土、日曜、祝日は4人の監視員、各日に看護師1人を配置。監視員は警備業者から派遣してもらっていたが、今季は社員が減って人を出せないと5月に連絡があった。他の業者に当たったが、人手不足で確保できなかった。看護師についても難航し、市立荘内病院からの派遣を市に要請したが、シーズンを通して従事できる人がいなかった。広報紙による監視員、看護師の募集にも反応がなく、同会の三役会議で今季の開設を断念した。

 市立加茂水族館近くの同ビーチにはカニや魚がすむ岩場があり、波も穏やかで家族連れに人気となっている。例年約1万人が海水浴に訪れ、今季は7月21日~8月19日の開設を予定していた。同会の田中正志会長は「監視員、看護師がいない状況で事故が起きたら大きな問題」とし、上林達哉副会長は「夏の魅力の一つが無くなるのは残念」と肩を落とした。

出典: yamagata-np.jp

カテゴリページへ

Loading...