和久井映見:北川悦吏子作品で盲目の女性に 「勇気を持って飛び込んだ」

2014/09/26 8:20

7 0

 女優の和久井映見さんが26日、東京都内で行われた脚本家の北川悦吏子さんが手がけた10月放送のドラマ「スペシャルドラマ 月に行く舟」(CBC・TBS系)の会見に、共演の谷原章介さんらとともに登場。主人公の盲目の美しい女性・水沢理生(りお)役を演じた和久井さんは、北川作品に出演するのは今回が初めてで、「最初に本を読んだときに(理生が)『結婚のことを考えている』というのがあったので、もうちょっと若い方が演じられた方がいいと思った。でも大人のラブストーリーでいいということで勇気を持って飛び込ませていただいた」と当時の思いを明かした。

 ドラマは、北川さんが脚本を手がけ、昨年放送された「月に祈るピエロ」に続き、北川さんの出身地・岐阜を舞台にしたスペシャルドラマの第2弾。小さな駅から始まる大人のラブストーリーで、行き交う列車に乗り込むことなくホームにたたずむ女と、仕事を終え東京に戻るために駅にやってきた男が、偶然に出会って引かれ合い……という内容。和久井さん演じる主人公の相手役となる編集者・篠崎涼太を谷原さんが演じるほか、橋爪功さん、栗原小巻さんも出演する。

 和久井さんは「いつもは目を合わせて仕事をすることが多いですが、今回は向かい合っているのに顔を見ていないというのがあった」と明かしながら、「いつもとは違う感じもありましたけど、谷原さんに助けていただくことがたくさんありました」と谷原さんに感謝していた。谷原さんは「(脚本を)わかりやすく書く人もいるけど、北川さんの本はどんどん枝葉のように全部つながっていくので怖い。それに気づけない自分がバカのように思える……」と本音を語った。

 会見には、北川さんも出席し、すでに完成作品を「3回見た」という北川さんは、「こんなにすてきな作品になってうれしい」と笑顔で、和久井さんの演技について「すごくよかった」と大絶賛。一方で「(演技が)下手な人を浮き彫りにすると昨日友達に言われた」といたずらっぽく話し、和久井さんたちを慌てさせていた。CBCの堀場正仁プロデューサーも出席した。10月4日午後2時〜同3時24分放送。

出典: rss.rssad.jp

カテゴリページへ

Loading...