女性2人殺害を否認、福岡 44歳男、地裁小倉支部

2018/02/19 2:13

1 0

 北九州市八幡西区の市営住宅で知人女性2人を殺害し、遺体を刃物で傷つけたとして、殺人と死体損壊などの罪に問われた無職三原賢志被告(44)は19日、福岡地裁小倉支部(鈴嶋晋一裁判長)の裁判員裁判初公判で「殺意はなかった」と述べ、殺人罪の起訴内容を否認した。死体損壊罪については認めた。

 起訴状などによると、2015年5月から16年6月、市営住宅の自室で知人の佐伯啓栄さん=当時(45)=と40代の水谷公子さんを刃物で刺して殺害し、佐伯さんの胸などを切り付け、水谷さんの遺体の一部を切り取るなどしたとしている。

出典: nishinippon.co.jp

カテゴリページへ

Loading...