家康の時計実はベルギー製 国王職人、自作と偽る?|さきがけonTheWeb

2015/02/26 11:55

10 0

 1611年にスペイン国王フェリペ3世から徳川家康に贈られ、これまでスペイン製とされていたぜんまい式西洋時計を静岡大がエックス線で調べたところ、定説よりも8年さかのぼる1573年にベルギーで作られた可能性が高いことが26日、時計を保管している久能山東照宮博物館への取材で分かった。

 小林一哉副館長は「ベルギーの時計職人がスペイン国王のお抱えとなり、時計を献上する際、別人が作ったものを自作と偽って納めたのではないか」と推測している。

出典: sakigake.jp

カテゴリページへ

Loading...