戦後73年、沖縄慰霊の日 「平和の礎」に声かける姿も

2018/06/23 2:38

10 0

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦での犠牲者らを追悼する「慰霊の日」を迎えた。沖縄本島南部の沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園では正午前から、沖縄全戦没者追悼式が開かれる。翁長雄志(おながたけし)知事は平和宣言で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を進める政府の姿勢を批判する見通し。

 沖縄戦での旧日本軍の組織的戦闘は、1945年6月23日に終わったとされる。県民と日米の軍人らを合わせた死者数は20万人以上と言われる。摩文仁は激戦地の一つで、平和祈念公園内にある「平和の礎(いしじ)」には、沖縄戦の犠牲者や県出身戦没者たちの名前が1人ずつ刻まれている。

 礎には今年、58人が新たに追加され、刻銘数は24万1525人になった。この日は早朝から、遺族らが次々と集まり、花や食べ物を礎の前に供えたり、話しかけたりする様子が見られた。

 追悼式は県などが主催。安倍晋三首相、衆参両院議長らが参列する。午前11時50分に始まり、正午に参列者が黙禱(もくとう)を捧げた後、献花する。

 浦添(うらそえ)市立港川中学校3年の相良倫子(さがらりんこ)さん(14)が、県平和祈念資料館が募った作品の中から選ばれた自作の「平和の詩」を朗読。先人たちに不戦を誓う。

 翁長氏は平和宣言で、戦後73年を経ても、国土面積の約0・6%に過ぎない沖縄に米軍専用施設の約70%が集中している現状を説明。県民が過重な負担に苦しんでいると訴える。

 史上初の米朝首脳会談があったことにも言及する。東アジアの緊張緩和に向けた動きの始まりと指摘し、普天間飛行場の辺野古移設を「唯一の解決策」とする日米両政府の方針は、沖縄の基地負担軽減にも、東アジアの緊張緩和の流れにも逆行していると批判する。平和宣言に辺野古への移設問題を盛り込むのは、知事就任以来4年連続となる。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...