政府、玄海原発で防災訓練 九州3県と避難手順を確認

2017/09/03 2:01

4 0

 政府は3日、年明けにも再稼働する九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の事故を想定した原子力総合防災訓練を、周辺30キロ圏を含む佐賀、福岡、長崎各県などと合同で実施した。4日までの2日間、首相官邸と現地との間の情報伝達や住民の避難手順などを時系列で確認し、事故時の円滑な対応につなげる狙い。

 東京電力福島第1原発の事故後、国による玄海地域での訓練は初めて。最大震度7の地震で玄海4号機の炉心が損傷し、放射性物質が放出されたとの事態を想定した。

出典: nishinippon.co.jp

カテゴリページへ

Loading...