日経平均、一時300円超値上がり 2万2千円台を回復

2018/02/19 2:06

3 0

 19日の東京株式市場は、日経平均株価が一時300円超値上がりし、取引時間中として7営業日ぶりに2万2000円台を回復した。日経平均の午前の終値は前営業日より288円76銭(1・33%)高い2万2009円01銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同27・40ポイント(1・58%)高い1764・77。出来高は6億2千万株。

 前週末の米ニューヨーク市場で、ダウ工業株平均が6営業日連続上昇となった流れを受け、金融や電機など幅広い銘柄で買われた。日経平均は2月上旬の米株急落後に一時2万1000円を割り込むまで下げたが、投資家心理の改善で割安株への買いも入り始めている。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...