最古の国産SL、京都へ引っ越し 来春開業の鉄道博物館へ|さきがけonTheWeb

2015/02/26 0:49

21 0

 昨年4月閉館の交通科学博物館(大阪市港区)から、来春開業する京都鉄道博物館(京都市下京区)へ向けて、現存する国産蒸気機関車(SL)としては最古の車両の引っ越し作業が26日未明に行われた。

 JR西日本によると、SLは1903年製造の230形で、旧国鉄高砂工場(兵庫県)などで活躍。62年に交通科学博物館の開館に伴い復元、保存された。2007年には、日本機械学会が機械遺産に指定した。

 午前0時すぎ、交通科学博物館跡の保管場所からトラックの荷台に載せられ姿を現したSLは、煙突を取り外した状態。熱心な鉄道ファンに見守られながら、黒光りする車体をゆっくり進ませた。

出典: sakigake.jp

カテゴリページへ

Loading...