本阿弥光悦の直筆書見つかる 福井、贈り物への感謝つづる

2015/02/16 9:35

17 0

本阿弥光悦の直筆書見つかる 福井、贈り物への感謝つづる

 江戸時代初期の芸術家で、日本を代表する美術の流派「琳派」の始祖本阿弥光悦の直筆とみられる書状が14日までに、福井県永平寺町の円寿寺で見つかった。

 書状には礼状や贈り物への感謝がつづられ、鑑定した日本古文書学会顧問の中尾尭立正大名誉教授(83)は「流れるような筆跡や小さめの花押などから真筆で間違いない」と話している。

 書状は縦27・5センチ、横40・5センチで掛け軸としてつくられている。長く寺の宝蔵に保管されていたが、宛名の部分が切り取られ、由来不明だった。

出典: nishinippon.co.jp

カテゴリページへ

Loading...