東京医科大、44人追加合格 定員理由に5人は再不合格

2018/12/07 3:23

4 0

 東京医科大は7日、2017年度、18年度入試で不正に不合格とした計101人の受験生のうち、44人の合格を認めたと発表した。計49人から入学希望の意思表示があったが、定員を理由に5人は再度、不合格にしたという。「再不合格」とされた5人は全員、18年度の一般入試を受けた女子だった。補償は今後、検討するという。

 同大は両年度の入試結果を再判定した後、入試区分ごとの募集定員から、再判定でも合格した在校生数を差し引いた人数を、追加合格の「上限」としていた。この結果、18年度の一般入試については24人しか合格させず、5人は不合格にしたという。

 同大の19年度の一般入試の募集定員はセンター試験利用者を含めて90人を予定していたが、追加合格を認める44人を差し引いて46人となる。追加合格者から入学辞退者が出た場合でも、今回の「再不合格」の5人は繰り上げ合格の対象としない。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...