東邦、東海地区4強入り 主将・石川が5打点「楽しい」

2018/10/21 12:15

6 0

 四回1死満塁。右打席で際どいボール球をきっちり見送る。東邦の3番・石川昂弥(たかや、2年)には、ほほえむ余裕があった。「何が来ても打てると思ってました」。3球目、浮いたカーブを逃さず振り抜いた。勢いのある飛球は逆方向の右中間へ。ほどなくして、塁審がぐるぐると手を回し始めた。

 高校通算35本目となるこの満塁アーチを含め、4打数4安打。そのうち2本が右方向への長打だ。持ち前のパンチ力で5打点をあげ、コールド勝ちを決めて笑顔がはじけた。「打ててるときは楽しいです」。今春の選抜では見られなかった顔だ。

 大会注目の右打者として2年生ながら4番を任されたが、初戦で花巻東(岩手)に3―5で敗れた。自身は4打数無安打に終わった。「興奮して、舞い上がってて。自分の打撃じゃなかった」。笑う余裕もなかった。夏も西愛知大会決勝で敗れた。

 新チームでは主将を任され、当然のように中軸を打った。ときには投手もこなし、この大会では背番号「1」に。色んな重圧は、笑い飛ばすようにしている。「主将が落ち込んでいたら、チームもそういう方向に向かう」。森田泰弘監督は「精神的に成長して、プレーにもいい影響が出てきた」と頼もしく感じている。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...