沖縄県知事選で玉城氏が初当選、自公など支援の佐喜真氏破る

2018/09/30 13:34

5 0

[東京 30日 ロイター] - NHKや朝日新聞など国内メディアによると、30日に投開票された沖縄県知事選は、前自由党衆院議員の玉城デニー候補が、前宜野湾市長の佐喜真淳氏候補(自民、公明、維新、希望推薦)を破り初当選した。政府が進める米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する玉城氏が、県民の支持を得た格好だ。

今回の知事選は、翁長雄志前知事の死去に伴って行われた。玉城氏は、翁長氏を支えた共産、社民や一部企業人による「オール沖縄」勢力が、翁長氏の後継候補として擁立。「弔い合戦」の様相になったことも勝因に挙げられそうだ。

一方、佐喜真氏は、安倍晋三政権の与党である自民、公明両党が国政選挙並みの応援態勢を敷き、二階俊博幹事長と小泉進次郎筆頭副幹事長がそれぞれ3回も沖縄入りし、玉城氏を激しく追い上げていた。

辺野古移設では、政府が今年8月に土砂投入を予定していたが、沖縄県は8月末に埋め立て承認を撤回し、工事が止まっている状態。初当選した玉城氏と安倍政権が今後、どのように対応していくのか注目される。

出典: jp.reuters.com

カテゴリページへ

Loading...