独航空、副操縦士の精神疾患把握|佐賀新聞LiVE

2015/03/31 19:42

7 0

 【ベルリン共同】フランス南部の旅客機墜落で、ドイツのルフトハンザ航空は3月31日、故意に機体を墜落させた疑いが持たれているアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)が2009年、自らの精神疾患についてルフトハンザの航空学校に報告していたと発表した。

 過去の精神疾患を把握しながら、副操縦士を傘下の格安航空会社ジャーマンウイングスの旅客機に乗務させていたことになり、ルフトハンザの管理体制が問われそうだ。

 ルフトハンザによると、副操縦士は09年、長期間中断した訓練の再開に関連し、精神疾患から回復したことを示す書類を電子メールで航空学校に送っていた。

出典: saga-s.co.jp

カテゴリページへ

Loading...