米大統領と3回目の電話協議 「北朝鮮に圧力」

2017/09/03 2:13

4 0

 安倍晋三首相は3日午前、米国のトランプ大統領と電話で協議し、北朝鮮に対する圧力強化に向け、連携を深める方針を確認した。首相は協議後、首相公邸前で記者団に「最新の情勢の分析、対応について改めて協議を行った。日米韓としっかりと連携をしながら、国際社会と緊密に協力して北朝鮮に対する圧力を高め、政策を変えさせていかなければならないとの点で完全に一致した」と述べた。

 両首脳の電話協議は、北朝鮮が先月29日に日本上空を通過する弾道ミサイルを発射して以降、3回目。トランプ氏は1日深夜に韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領とも電話協議しており、日米の協議に同席した西村康稔官房副長官は記者団に「米韓首脳電話会談等の進展を踏まえ、北朝鮮情勢に関する今後の対応について意見交換を行った」と説明した。

また、お読みください。 米大統領、北朝鮮を威嚇「狂った男のミサイル許せない」 TBS NEWS

出典: mainichi.jp

カテゴリページへ

Loading...