群馬・太田市長「自爆して全くお粗末」 防災ヘリ墜落に

2018/08/26 10:04

5 0

 群馬県太田市の清水聖義市長が25日にあった防災訓練のあいさつで、防災ヘリコプター「はるな」が墜落し、乗員9人全員が死亡した事故について「防災をやる者が自爆して全くお粗末だと私は思った」などと発言していたことが市や参加者らへの取材でわかった。

 市などによると、防災訓練には県内外から関係者700人以上が参加。清水市長は、防災訓練に参加する予定だった防災ヘリはるなに触れる中で「お粗末だ」との発言をした。その後、「乗っていた方には本当にお気の毒に思う」とお悔やみの言葉も続けたという。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...