英首相、EU離脱で代替案探す必要も=下院院内総務

2019/01/16 9:29

775 0

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国のアンドレア・レッドサム下院院内総務は16日、同国の欧州連合(EU)離脱について、議会の行き詰まりを打開するため、メイ首相の離脱案に代わる代替案を探す必要が生じる可能性があるとの認識を示した。

院内総務はBBCラジオに「3月29日までに離脱できるよう、交渉の余地がある(メイ首相の)協定案かその一部、もしくは代替案をEUに提出する方法を探る必要がある」と述べた。

この日予定されている内閣不信任投票については、メイ政権が信任されると予想。「そうなれば首相は、今まで誰も思いつかなかった全く新しいアイデアを探す必要は必ずしもなく、実際にはコンセンサスを目指せばよい。実際にはEUと交渉の余地があり、下院の過半数の支持を得られる解決策を探す新たな取り組みを目指せばよい」と述べた。

出典: jp.reuters.com

カテゴリページへ

Loading...