虎投よ雄平対策急げ!能見、4年連続シーズン初登板勝てず:イザ!

2015/03/31 23:31

6 0

 (セ・リーグ、ヤクルト4-3阪神、1回戦、ヤクルト1勝、31日)神宮の夜空の下で肩を落とした。“裏ローテ”の初戦を託された能見が3点リードを守れず。4年連続でシーズン初登板白星を逃し、チームの開幕連勝を3で止めた左腕が、唇をかんだ。

 2点リードの五回だった。二死三塁から田中浩を歩かせると、4番の雄平にフォークをしぶとく左翼線に落とされ、適時二塁打を浴びた。なおも二、三塁では畠山に高め直球をドカン。打球は風にも乗って、中堅を越える2点二塁打。一気に逆転されてしまった。

 二回にバックスクリーンへソロを浴びると、四回にも右中間へ二塁打。3安打2打点と打ち込まれた。昨季、阪神戦の打率・340を誇った“虎キラー”に、今年初戦から、やられた格好だ。

 中西投手コーチも「きょうは雄平ひとりにやられた。時間をかけて、ゆっくり投げないとな。ゾーンを広げていかないといけなかった」と改めて警戒を強めた。まだヤクルトとは1戦目。同じく昨季、対戦打率・340とやられた山田にも2安打されたが、まずは絶好調の雄平対策が、急務となってくる。

出典: iza.ne.jp

カテゴリページへ

Loading...