虎・西岡、3番手応え1号3ラン!開幕4連勝ならずも勢い止めん:イザ!

2015/03/31 23:37

2 0

 お立ち台の元同僚に少しだけ視線を向けた。一瞬の優しいまなざしは、すぐに戦う目に戻った。勝負に勝って、試合に負けた-。ヒーローから一転、敗者の列を歩きながら、西岡は闘志むき出しで球場を去った。

 一回無死二、三塁。1-1から内角高めの直球を振り抜いた。追い風に心地よく乗った打球は左越えの1号3ラン。初の関東のゲームで、左翼席の虎党に、さっそく白球を届けた。ヤクルトに加入した成瀬の初登板。鳥谷と上本がいずれも安打と二盗で好機を作ったが、鮮やかな攻撃を最高の形で締めた。

 大けがで昨季の大半を棒に振った男にとって、レギュラーシーズンでは2013年9月26日のDeNA戦(甲子園)以来、551日ぶりのアーチ。完全復活に向け、力強い一歩を刻んだ。

 新オーダーの3番は、打線の大事な“関節”であり軸だ。鳥谷、上本の攻撃的1、2番と、4、5番の助っ人コンビの連結も役割だが、さすがはクリーンアップというパンチ力は、和田監督が期待する武器でもある。

出典: iza.ne.jp

カテゴリページへ

Loading...