「読み聞かせは愛情育む」長井で検証開始 脳科学者・川島さんと連携|山形新聞

2017/09/03 2:16

2 0

「読み聞かせは愛情育む」長井で検証開始 脳科学者・川島さんと連携|山形新聞

 幼児期からの早期国語教育の推進に向け、長井市などは2日、親子の脳活動を測定しながら、読み聞かせ効果を検証する取り組みをスタートさせた。読み聞かせを通じ、親子の愛情が育まれることなどを科学的に検証する。

 検証は、脳トレの第一人者で脳科学者の川島隆太東北大加齢医学研究所長らと連携して行う。市内の40家族が対象で、各家庭で8週間読み聞かせに取り組んでもらい、親子の脳活動を測定する。近赤外分光法(NIRS)測定器を使い、読み聞かせが習慣づく前、その後について、脳の血流量を比較する。川島所長によると、読み聞かせが習慣化し、信頼関係が深まった親子は、脳の血流が同じようになると考えられるという。検証結果は今年末までに音読・読み聞かせマニュアルに反映させ、早期国語教育に生かしていく。

出典: yamagata-np.jp

カテゴリページへ

Loading...