防災無線 未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島

2018/02/19 2:45

2 0

 19日未明に愛媛県などで地震があり、震度4を観測した同県宇和島市で地震発生直後、緊急の防災放送で、人気バンド「SEKAI NO OWARI」の楽曲でNHKの平昌冬季五輪テーマソング「サザンカ」が数秒間、2回にわたって市内全域に大音量で流れるトラブルがあった。

 防災放送は、コミュニティーFMが普段使う周波数の電波に割り込む形で、震度などの情報を伝える仕組み。緊急時は市内各地に設置されたスピーカー243基、各家庭に配布した防災ラジオ約2万7000台が自動的に起動し、大音量で情報を伝える。

 市によると、19日午前3時半ごろの地震発生直後、システムが起動。しかし、震度情報などの音声ではなく、コミュニティーFMでその時に流れていた音楽がそのまま放送された。市庁舎内にある自動制御機器のトラブルが原因とみられるという。

 ツイッターには「宇和島中に響き渡ってた」「目が冴(さ)えた」「地震にSEKAI NO OWARIって…」などと市民からの投稿が相次いだ。市内で自治会長を務める吉田充枝(みつ(え)さん(76)は「突然音楽が流れ、どうしたのかと不安になった。災害時に情報を得る大切な手段なので、こういうことがないようにしてほしい」と話した。

出典: mainichi.jp

カテゴリページへ

Loading...