高校野球100年目で初!敦賀気比・松本が満塁弾連発 センバツ:イザ!

2015/03/31 23:09

8 0

 第87回選抜高等学校野球大会第10日(31日、甲子園球場)仰天のグランドスラム2連発!! 敦賀気比(福井)の松本哲幣(てっぺい)外野手(3年)が大阪桐蔭との準決勝で、一回と二回に大会史上初の2打席連続満塁本塁打を放った。敦賀気比は11-0の圧勝で春夏通じて初の決勝進出を決め、北陸勢としても初の甲子園制覇を目指して、1日午後0時半プレーボールの決勝で東海大四(北海道)と対戦する。

 恐ろしい背番号「17」がいた。清原も松井も中田も、誰ひとりなしえなかった快挙。2打席連続満塁弾。高校野球100年の歴史に、「松本哲幣」の名が刻まれた。

 一回二死満塁。直前に胸元を攻められ、「次は変化球」と確信した。カウント2-2からの5球目。左腕・田中のフォークボールを捉えると、打球は左中間スタンドへ。二回、再び二死満塁。今度は2球目、内角高めの直球を左翼ポール際にほうり込んだ。

 1試合で2本の満塁弾は、春夏通じて史上初。8打点も桑田(PL学園)や松井(星稜)ら甲子園のスターがマークした7打点を更新する大会新記録。「今、初めて知ってビックリしました」と細い目をいっそう細くした。

 「17」の背番号が示す通り、絶対的なレギュラーではない。左翼と右翼のポジションを、木下、森と3人で争う。右腕の先発時には調子に応じて出番が決まるため、2回戦で無安打に終わると、準々決勝では先発を外れた。ただ左腕の場合には、松本の先発は固定されている。「左腕キラー」だからだ。

出典: iza.ne.jp

カテゴリページへ

Loading...