3月から戦争テーマの手塚治虫展 兵庫・宝塚の記念館|さきがけonTheWeb

2015/02/27 8:14

9 0

 漫画家の故手塚治虫さんの作品のうち、戦争をテーマに10作品の直筆原稿190枚を展示する企画展が3月1日から兵庫県宝塚市の市立手塚治虫記念館で始まる。6月29日まで。

 戦後70年に合わせた企画。記念館によると、手塚さんは終戦を迎えた1945年8月15日を自らの漫画の原点と位置付け「戦争を漫画で伝えたい」と話していたという。

 展示する自筆原稿は、第2次世界大戦前後の日独を舞台にした「アドルフに告ぐ」や、手塚さんが旧制中学時代に経験した勤労動員や大阪空襲を描いた「紙の砦」など。どれも普段は東京の手塚プロダクションが保管している。

出典: sakigake.jp

カテゴリページへ

Loading...