A型事業所運営 社長夫婦を送検 給付費巡る詐欺、賃金不払い疑い: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/12/07 3:15

5 0

 障害者が働く就労継続支援A型事業所の運営会社「フィル」(倉敷市真備町川辺)=破産手続き中=に支給される給付費の受給権利(債権)を巡る詐取事件で、岡山県警は7日、詐欺の疑いで同社社長岡本健治(52)、経理担当で妻の玲子(45)の両容疑者=いずれも岡山市北区北方=を送検した。

 2人の送検容疑は、共謀して3月、全事業所の閉鎖が決まり、4月分の給付費が受け取れないことが確実になっていたにも関わらず、給付費の債権譲渡契約を結んでいた金融サービス会社(大阪市)にそれを隠し、約1257万円をだまし取った疑い。

 書類送検容疑は3月、岡山、広島県にあった事業所などの利用者ら計93人の2月分の賃金について、両県で定められた最低賃金計754万203円を支払わなかった上、倉敷市内の3事業所などの従業員計73人に対し予告をせずに解雇したのに最低限必要な手当金計846万6474円を支払わなかった疑い。

出典: sanyonews.jp

カテゴリページへ

Loading...