PK戦やり直しは28日、入場は無料 サッカー天皇杯

2018/06/23 3:53

5 0

 サッカー天皇杯2回戦のJ1名古屋対JFL奈良クラブ戦で、勝者を決めるPK戦をやり直すことになった問題で、日本サッカー協会は23日、PK戦のやり直しを28日午後6時から、6日の試合会場と同じパロマ瑞穂スタジアム(名古屋市)で行うと発表した。

 開催概要によると、出場選手は6日の延長戦終了時点と同じメンバーで、原則変更できない。ただ、けがなどで出場できなくなった選手の「差し替え」は認めるという。6日の試合で交代して退いた選手はPK戦に出場できない。PK戦の順番は、6日に行われたPK戦と同じでなくてもいい。入場は無料。

 天皇杯2回戦のJ1名古屋対JFL奈良クラブの試合では、延長戦を終えて1―1で決着がつかずに行われたPK戦が問題となった。奈良クラブの4人目が蹴る直前に、軸足でステップを踏むように動き、主審はこれを「不正なフェイント」と判断した。競技規則に従えば、キッカーに警告が与えられ、キックも失敗扱いとなる。双方1人ずつを残し、名古屋4―2奈良クラブでPK戦は終わりだった。

 だが主審は、警告せずに蹴り直しを命じ、PK戦を続行。6人目で奈良クラブ5―4名古屋と決着した。選手、スタッフ、協会関係者もこのミスに気づかず、試合翌日に外部からの指摘で、ルールの適用ミスが判明。協会は「結果を大きく左右する」とし、PK戦だけをやり直すと決めた。

出典: asahi.com

カテゴリページへ

Loading...