Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

07:11 スマートスピーカ「Google Home」、ディズニー絵本の読み聞かせに効果音や音楽を追加

6

08:45 ヤフー、道路沿いの視覚情報を“テキスト化”する実証実験--ドラレコ情報をAIで解析

16

日本

すべてのカテゴリのニュース

  • 日ソ共同宣言“基礎”に交渉へ、日ロ首脳会談 TBS NEWS

    2018/11/14 15:12 1

     14日行われた日本とロシアの首脳会談。最大の焦点だった北方領土問題ですが、北方4島すべてではなく、2島の返還を前提にした「日ソ共同宣言」を「基礎」に交渉を加速させることで合意しました。  「年内に平和条約を締結しよう

  • ニュースサイト運営の男、恐喝などの疑いで逮捕 TBS NEWS

    2018/11/14 14:13 1

     ニュースサイトを運営する男が、トラブルとなっていた公認会計士の男性が契約する企業のウソの記事を掲載し、男性から160万円を脅し取ったとして、警視庁に逮捕されました。  恐喝などの疑いで逮捕されたのは、経済関連のニュースサイトを個人で運営する山中裕容疑者(41)です。山中容疑者はおととし3月、ニュースサイトに企業の不正経理に関するウソの記事を掲載し、その企業と契約していた公認会計士の男性(41)から現金160万円を脅し取るなどした疑いが持たれています。  山中容疑者は男性とビジネス上のトラブルを抱えていて、「400万円を払わなければ、さらに記事を掲載する」と脅したということですが、取り調べに対して容疑を否認しています。

  • 県立美術館でI氏賞受賞作家展 技と個性が際立つ4人の作品群: 山陽新聞デジタル|さんデジ

    2018/11/14 13:47 3

     岡山県ゆかりの若手作家を支援する「I氏賞」の受賞者4人を取り上げた展覧会「かたちを見つめて」が、岡山市北区天神町の県立美術館で開かれている。12月9日まで(11月26日、12月3日休館)。  2013、14年度に奨励賞を受けた元県立大助教の美術家樫尾聡美さん

  • 「特定技能2号」は「建設」と「造船」の2業種を検討 TBS NEWS

    2018/11/14 13:41 3

     外国人労働者の受け入れの拡大に向けた入管難民法改正案をめぐり、菅官房長官は、永住も可能となる「特定技能2号」の在留資格を適用する業種について「建設」と「造船」の2つを検討していると明らかにしました。  入管難民法改正案をめぐり、菅官房長官は「熟練した技能を有する」と認められた外国人に与えられ、日本での永住も可能となる在留資格「特定技能2号」を適用するのは建設と造船の2業種を検討していると明らかにしました。

  • 日ロ首脳会談が終了 TBS NEWS

    2018/11/14 13:40 2

     会談の冒頭、安倍総理が日ロ平和条約について議論したいと述べたのに対し、プーチン大統領も「日本側にとって優先的である諸問題を含めて話し合いできればうれしい」と話し、北方領土問題の協議に応じる姿勢を示しました。  安倍総理は会見で、1956年共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることでプーチン大統領と合意したと明らかにしました。また、年明けにもロシアを訪問して首脳会談を行うことも明らかにしました。

  • 「顔を隠せば遺体が消える」被告が語る 寝屋川中1殺害

    2018/11/14 13:31 3

     2015年8月に大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を殺害したとして殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判は14日、被告人質問が大阪地裁であった。山田被告は公の場で初めて2人が亡くなった経緯を詳細に語り、改めて殺意を否定した。  被告は弁護人の質問に対し、事件当日の15年8月13日未明、京阪電鉄寝屋川市駅の商店街付近で、事件で亡くなった平田奈津美さん(当時13)と星野凌斗(りょうと)さん(同12)を見かけたと説明。「家に送ったろか」と話しかけ、「話の流れ」で2人が車に乗ったとした。  車内で星野さんの様子がおかしくなり、平田さんに睡眠薬を渡したが、その後星野さんがぐったりしたと説明。「動いていなかったので、死んだのかなと思った」という。

  • 温室効果ガス排出ゼロのコンセプト船を発表、日本郵船 TBS NEWS

    2018/11/14 13:31 3

     日本郵船が発表したのは、貨物船が出す温室効果ガスの排出量を削減するため、排出量をゼロに抑えたコンセプト船です。現在、貨物船の燃料は重油などを使用していますが、コンセプト船は再生可能エネルギーの水素や太陽光エネルギーを使用します。  また、船体は複合素材による軽量化を図り、推進装置も従来のプロペラでなく、複数のフィンをイルカのように動かして推進力の効率を高めます。日本郵船は、コンセプト船を元に2050年までに技術の確立を目指すということです。  海運分野の温暖化対策をめぐっては、国際海事機関が2050年までに国際船の温室効果ガスの排出総量を、2008年と比べて最低でも半減させることを目標としています。

  • 野菜の小売価格、天候回復でダイコンなど平年並みに TBS NEWS

    2018/11/14 13:03 2

     農林水産省が発表した野菜の価格調査によりますと、前の週と比べると、ホウレンソウが9%、ダイコンが6%値下がりするなど、価格が落ち着いてきました。10月に天候が回復し、生育が順調だったことが要因で、葉物野菜の中でも成長が早いレタスは平年と比べて21%値下がりしています。  一方、ネギが118%、トマトが117%と平年と比べてやや高値ですが、農水省によりますと、「ネギは来週以降、トマトは月の後半には値下がりする見通しだ」ということです。

  • 山鳥毛「里帰り」知事に協力要請 プロジェクト推進へ瀬戸内市長: 山陽新聞デジタル|さんデジ

    2018/11/14 12:53 2

     鎌倉中期に瀬戸内市で鍛えられた国宝の備前刀「太刀 無銘一文字(山鳥毛(さんちょうもう))」を購入し、刀剣の産地をアピールする「里帰りプロジェクト」に取り組んでいる同市の武久顕也市長らは14日、岡山県庁を訪れ、伊原木隆太知事にプロジェクト推進への協力を呼び掛けた。  武久市長は「実現すれば刀鍛冶の皆さんにも大きな励みになる。さらなるPRをお願いする」と要請。伊原木知事は「国宝があると地域の魅力向上につながる。後押ししていきたい」と答えた。

  • 矢掛中に韓国の中学生が訪問 理科や英語の授業で交流図る: 山陽新聞デジタル|さんデジ

    2018/11/14 12:40 2

     岡山県と友好交流協定を結んでいる韓国・慶尚南道(キョンサンナムド)の中学生訪問団が14日、同県矢掛町矢掛の矢掛中を訪問し、同中生徒たちと一緒に授業を受け、交流を図った。  一行は韓国の中学生13人。英語の授業ではゲームを交えながら日常会話に挑戦したほか、理科では牛乳パックや虫眼鏡を使って簡易カメラを作り、光の性質を調べた。  韓国の中学3年の女子生徒(15)は「みんな明るく話し掛けてくれ、忘れられない思い出になった」と喜び、矢掛中1年の男子生徒(12)は韓国の生徒について「授業では進んで発表し、積極的だった」と話していた。