Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

日本

すべてのカテゴリのニュース

  • 在日コリアン女性脅迫疑いで送検 ツイッターにヘイト投稿

    2018/05/24 21:00

     ツイッターにヘイトスピーチを投稿したとして、神奈川県警が同県藤沢市の男性(50)を脅迫の疑いで書類送検していたことが24日、分かった。在日コリアン3世の崔江以子さん(44)が刑事告訴していた。崔さんと代理人弁護士が24日、都内で会見し明らかにした。  師岡康子弁護士は「警察が告訴を受理して匿名のヘイトスピーチ投稿者を特定し、脅迫容疑で書類送検したのは珍しい」と話した。男性は容疑を認めているという。  師岡弁護士によると、送検容疑は16年8月と昨年4~5月、「チョーセンはしね」と投稿したり、「レイシストが刃物を買うから通報するように」とツイートしたりした疑い。

  • 女性誘拐容疑の男性不起訴、島根 地検は理由を明らかにせず

    2018/05/24 21:00

     松江地検は24日、島根県浜田市で昨年7月から行方不明になっていた当時19歳の女性(20)を連れ去り自宅に泊めていたとして、未成年者誘拐の疑いで逮捕された同市の無職男性(72)を不起訴処分とした。地検は理由を明らかにしていない。  女性は昨年7月下旬に自宅近くの祭り会場で目撃された後、行方が分からなくなった。今月3日夜、男性の自宅アパート近くの住民から「女性の泣き声が聞こえる」と通報があり、駆け付けた警察官が女性を発見、約9カ月ぶりに保護した。

  • 英語の民間試験、活用見直しを 合否判定巡り東大内で異論

    2018/05/24 21:00

     2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間検定試験について、東大教養学部の英語教員らが「導入自体の妥当性を含め根本的に検討すべきだ」と五神真学長に見直しを申し入れていたことが24日、分かった。東大は3月、検定試験を合否判定に使わない意向を表明していたが、4月末には一転して活用する方向で検討すると発表していた。  東大の南風原朝和高大接続研究開発センター長が都内で明らかにした。他大学の活用判断にも影響力がある東大内部で、依然慎重論が根強い現状が浮かんだ。

  • 大津家裁、元巡査を検察官送致 交番の警官射殺事件

    2018/05/24 21:00

     滋賀県彦根市の交番で4月、井本光巡査部長(41)=警部に昇任=が射殺された事件で大津家裁は24日、殺人と銃刀法違反(発射、加重所持)の容疑で送致された元巡査(19)を検察官送致(逆送)とする決定をした。決定理由で「被害者からの指導や扱いに不満や不遇感を募らせていた中、被害者に両親を侮辱されたと感じた」と動機を指摘した。  決定によると、元巡査は4月11日午後7時45分ごろ、滋賀県警彦根署の河瀬駅前交番で拳銃を2発発射し、井本巡査部長を射殺。さらに実弾の入った拳銃を所持したまま逃走した。

  • 広島の高2刺殺、男を起訴 14年前の事件で地検

    2018/05/24 21:00

     広島県廿日市市で2004年、高校2年北口聡美さん=当時(17)=が自宅で刺殺され、祖母が重傷を負った事件で、広島地検は24日、殺人などの罪で山口県宇部市、無職鹿嶋学容疑者(35)を起訴した。乱暴目的で侵入し、逃げられたため殺害したと判断した。地検は認否を明らかにしていない。  起訴状によると、04年10月5日午後3時ごろ、北口さんの自宅離れに侵入。2階で北口さんに折りたたみナイフを突き付け、「動くな」などと脅して乱暴しようとしたが、北口さんが1階に逃げたため胸や腹を複数回突き刺すなどして殺害。さらに祖母ミチヨさん(86)を刺して殺害しようとしたとしている。

  • 伊方3号機差し止め、9月に可否 大分地裁、審理を終結

    2018/05/24 21:00

     四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを、対岸の大分県の住民らが求めた仮処分申し立てで、大分地裁(佐藤重憲裁判長)は24日、審理を終結した。地裁は差し止めの可否について9月中に決定を出すと住民側弁護団と四国電力側に伝えた。  住民側は終了後に記者会見。昨年12月に運転差し止めを命じた広島高裁決定を踏まえ、火山の破局的噴火について「原子力防災の観点では、1万年に1度でも考慮に入れるのが常識だ」とし、危険性を指摘した。

  • 田んぼでカミツキガメ捕獲 宇都宮

    2018/05/24 21:00

     24日午前6時35分ごろ、宇都宮市幕田町の田んぼで、農作業に訪れた近くの男性(68)が特定外来生物に指定されているカミツキガメを発見、捕獲し、交番に届けた。カメは栃木県立博物館(宇都宮市)に引き渡された。  宇都宮南署や同博物館によると、カメは甲羅の長さ約45センチ、重さ約20キロの雌。署はペットとして飼われていた可能性があるとみている。発見場所付近では、今月になってカミツキガメとみられる動物の目撃情報が複数寄せられていた。

  • バド、再春館元監督を刑事告訴 熊本県協会、詐欺容疑で

    2018/05/24 21:00

     バドミントンの強豪、再春館製薬所の元監督今井彰宏氏が在籍中に金銭的不法行為をしたとされる問題で、熊本県バドミントン協会は24日、熊本県警に詐欺容疑で刑事告訴するとともに、永久追放処分にしたと発表した。いずれも同日付。  県協会の水野修身理事長は記者会見し「不正の再発防止のためにも、日本バドミントン協会にも報告する。何らかのペナルティーを与えてほしい」と話した。今井氏は県協会の調査に対し、「不正利用は一切していない」と答えているという。

  • プール監視不在で女児死亡 さいたま市が検証報告

    2018/05/24 21:00

     さいたま市緑区の認可保育所「めだか保育園」で昨年8月、プールで遊んでいた女児=当時(4)=が死亡した事故を受け、有識者でつくる市の第三者機関は24日、プールを監視する職員が不在だったことが事故につながったなどとする検証報告書を清水勇人市長に提出した。  事故は昨年8月24日午後に発生。保育士が「プールで遊んでいた女の子が、気付いたら浮かんでいた」と119番し、同園の赤沼美空ちゃんが搬送先の病院で死亡した。

  • パワハラ訴訟、一部賠償命令 自殺との因果関係は認めず

    2018/05/24 21:00

     大津市の家電量販店「ケーズデンキ西大津店」の女性パート従業員=当時(49)=が自殺したのはパワハラが原因だとして、遺族らが当時の店長と運営会社「関西ケーズデンキ」(大阪市)に計約7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁は24日、計110万円の支払いを命じた。  西岡繁靖裁判長は、店長が女性に指示した競合店の価格調査について「業務の適正な範囲を超えていた」として精神的苦痛に対する慰謝料を認めた。一方で「指示によって自殺するほど心身の健康を損なうとは具体的に予見できなかった」として、指示と自殺の法的な因果関係を否定した。原告は控訴する方針。