Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

00:31 新春座談会 文明史の中の明治維新

16

02:00 生まれ変わった那覇の“不夜城” カメラとお出かけ ほろほろ街(マーチ)vol.7 のうれんプラザ(那覇市樋川)

34

20:00 沖縄の海を守りたいから しかたにさんちの自然暮らし(35)

40

01:27 特定思想高齢者が作る2017年の流行語。

24

日本

すべてのカテゴリのニュース

  • 津山文化センターの改修業者決定 三井住友建設など共同企業体: 山陽新聞デジタル|さんデジ

    2018/02/19 13:17

     津山市は19日、震度6強の地震で倒壊・崩壊の恐れがある津山文化センター(同市山下)について、大規模改修の実施設計と施工を担当する事業者が決定したことを市議会運営委員会で報告した。  市教委文化課によると、事業者は三井住友建設(東京)など4社で構成する共同企業体で、14日に仮契約を結んだ。契約金額は17億748万円。26日開会の3月定例市議会に関連議案を提案し、議決されれば実施設計に入る。着工は2019年以降になる見通し。

  • 岸田氏、ポスト安倍へ準備 地方後援会、政策勉強会:イザ!

    2018/02/19 13:15

     自民党の岸田文雄政調会長が9月の党総裁選をにらみ、安倍晋三首相の後継「ポスト安倍」への動きを活発化させた。19日朝に名古屋市で発足した地方後援会の政治資金パーティーを開いた。午後に岸田派若手が中心の政策勉強会が再始動し、夜には派内懇親会も開催。立候補するかどうか明言を避けながら決戦準備を進めているとみられる。  愛知県の後援会

  • 県児童施設協に楽天戦チケット 県民共済が140枚贈る: 山陽新聞デジタル|さんデジ

    2018/02/19 13:06

     岡山県民共済生活協同組合(岡山市北区野田屋町)は19日、3月にマスカットスタジアム(倉敷市)であるプロ野球・楽天のオープン戦のチケット約140枚を県児童養護施設等協議会に贈った。  子どもたちに一流選手のプレーを間近で見てもらおうと2016、17年に続き企画。西武戦(10日)と中日戦(11日)の内野自由席で、同協議会から岡山県内9施設に配られる。  岡山市北区南方のきらめきプラザで贈呈式があり、県民共済の斉藤敏彦代表理事が同協議会の松田浩一郎会長に目録を手渡した。松田会長は「迫力あるプレーを子どもたちも楽しみにしている」、斉藤代表理事も「楽しい思い出をつくってほしい」と述べた。

  • 清水宏保氏、6位の条治をねぎらう「よく転ばなかった」 スピード:イザ!

    2018/02/19 12:53

     平昌五輪第11日(19日、江陵オーバル)スピードスケート男子500メートルで山中大地(27)=電算=は34秒78で5位、バンクーバー五輪銅メダルの加藤条治(33)=博慈会=は34秒83で6位、長谷川翼(24)=日本電産サンキョー=は35秒08で14位に終わり、メダルを逃した。女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(31)=相沢病院=に続くことはできなかった。  テレビ朝日の平昌五輪中継番組に出演した

  • 北海道が記録公表 審査93%を「適切」

    2018/02/19 12:52

     北海道は19日、旧優生保護法(1948~96年)下での障害者らへの強制不妊手術について、記録がある1962~73年度に道の優生保護審査会が1210人を審査し、うち93%に当たる1129人について実施を「適切」と判断していたことを明らかにした。この期間に実際に手術をした人数(485人)の2.3倍に当たる。北海道は全国で最も強制不妊手術の件数が多いが、申請や審査の段階で、行政や医師側が積極的に手術を増やそうとしていた実態が浮かびあがった。  道は手術が適切とされながら手術しなかった人が多い理由について

  • 「立憲が指導」撤回 佐川長官への抗議活動で

    2018/02/19 12:51

     麻生太郎副総理兼財務相は19日の衆院予算委員会で、森友学園への国有地売却問題で佐川宣寿国税庁長官の罷免を求める抗議活動について質問した立憲民主党議員に対し、「御党の指導で、街宣車が財務省前で(抗議を)やっていた事実は知っている」と述べた。  しかし同党議員から「活動に参加したが、指導はしていない」と反論されると、「指導していないと言うのであれば、訂正させていただく」と事実を確認していなかったことを認めて撤回した。  佐川氏は昨年の国会で、国有地売却に関する交渉文書を「廃棄した」と答弁。国税庁長官に就任して以降、記者会見を開いていないことも批判を浴び、確定申告が始まった16日に東京・霞が関の財務省前などで抗議活動が行われていた。

  • 誤った標高を市が公表、住宅浸水の恐れ 改築費支払いへ

    2018/02/19 12:50

     宮崎市が土地の標高を誤って公表したために、浸水の恐れがある住宅が建てられたとして、市は19日、家主に建て替え費用として約3500万円を支払うと発表した。住宅を撤去し、建物の基礎をかさ上げして建て直してもらう。  市によると、2007年度、浸水の危険性がある災害危険区域の標高調査を民間コンサルタントに依頼。調査地点88カ所のうち大淀川支流の同市富吉にある2カ所の標高が逆に記載されるミスがあったが、市は気づかないまま公表した。  住宅はこのデータを利用して13年に完成。地区の災害危険設定水位(標高11・6メートル)より床面の高さが約1メートル低く、条例違反の建築物になったという。住宅周辺地域では05年の台風で浸水被害が起きている。

  • 予算案審議スケジュールにも波紋

    2018/02/19 12:48

     裁量労働制に関する厚生労働省のデータ問題は、2018年度当初予算案の審議スケジュールにも波紋を広げている。与党は、予算案を3月末までに成立を確定させるため、同月2日までに参院へ送る構えで、衆院予算委で今月26日に採決し、27日の衆院本会議で可決させる日程を描く。しかし野党は裁量労働問題を奇貨として抵抗を強め、来週の衆院通過を巡る綱引きが激化している。  これまで予算審議は

  • 第33回「正論大賞」贈呈式 安倍晋三首相「決して色あせないのが『正論』」:イザ!

    2018/02/19 12:43

     第33回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)の贈呈式が19日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで行われた。大賞を受賞した文芸批評家の新保祐司氏(64)に、日枝久フジサンケイグループ代表からブロンズ彫刻「飛翔」(御正進=みしょう・すすむ=氏制作)と賞金が贈られた。また、第18回正論新風賞を受賞した文芸評論家の小川栄太郎氏(50)と国際政治学者の三浦瑠麗氏(37)には、それぞれ岩崎正幸ニッポン放送社長と宮内正喜フジテレビジョン社長から、ブロンズ彫刻「ソナチネ」(小堤良一氏制作)が賞金とともに贈られた。  音楽から文明

  • 男子500はメダル逃す 山中の5位が最高 小平に続けず スピード:イザ!

    2018/02/19 12:42

     平昌五輪第11日(19日、江陵オーバル)スピードスケート男子500メートルで山中大地(27)=電算=は34秒78で5位、バンクーバー五輪銅メダルの加藤条治(33)=博慈会=は34秒83で6位、長谷川翼(24)=日本電産サンキョー=は35秒08で14位に終わり、メダルを逃した。女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(31)=相沢病院=に続くことはできなかった。  山中はぴったりのタイミングで飛び出し