Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

日本

すべてのカテゴリのニュース

  • ルノーが新体制を準備か ゴーン会長解任観測、仏紙報道

    2019/01/16 2:17 56

     仏紙フィガロ(電子版)は15日、役員報酬の過少記載の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン被告(64)が会長兼最高経営責任者(CEO)を務める仏ルノーが、20日にも取締役会を開き、新体制の人事を議論する見通しだと報じた。ゴーン被告を解任する観測が強まっている。  同紙によると

  • 米企業、対中関税引き上げなら適用除外の申請可能に=USTR代表

    2019/01/16 1:59 68

    [ワシントン 15日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は中国との通商交渉が不首尾に終わり、2000億ドル相当の中国製品への関税を25%に引き上げた場合、米企業は適用除外を申請することができるとの見解を示した。 昨年9月以前に500億ドル相当の製品にかけられた25%の関税について米企業は適用除外を申請できるが、9月に発動された2000億ドル相当の製品に対する10%の関税は除外されない。

  • ファジアーノ岡山の監督に就任した有馬賢二さん 選手目線で情熱指導: 山陽新聞デジタル|さんデジ

    2019/01/16 1:56 78

     ひと言ひと言に力を込める口調から、情熱が伝わってくる。「地域に根付いたクラブで監督をすることに非常に重みを感じる。覚悟を持って取り組ませていただく」。4年間チームを率いた長沢徹監督から今季バトンを引き継いだ。  現役時代はJリーグの柏や横浜FCなどでFWとして鳴らし

  • コンビニ強盗、10万円奪い逃走 岡山 男が「オカネ」と片言で脅迫: 山陽新聞デジタル|さんデジ

    2019/01/16 1:54 50

     16日午前4時55分ごろ、岡山市北区御津矢原のコンビニエンスストア「ファミリーマート御津矢原店」で、男がレジ付近にいた経営者の男性(32)に包丁を突き付け、「オカネ、オカネ」と片言の日本語で脅迫。男性がレジから取り出した現金約10万円を奪い、北方向へ走って逃げた。当時店内に客はおらず、男性にけがはなかった。岡山北署は強盗事件とみて男の行方を追っている。  同署によると、男は身長170~180センチで細身。黒色の長袖Tシャツと灰色のズボン姿だった。ニット帽を深くかぶり、ネックウオーマーで顔を隠していたという。

  • 企業物価指数、12月は前年比+1.5% 原油下落で上昇幅縮小

    2019/01/16 1:52 78

    [東京 16日 ロイター] - 日銀が16日に発表した12月の企業物価指数(CGPI)速報によると、国内企業物価指数(2015年=100.0)は前年比でプラス1.5%となった。プラスは24カ月連続だが、原油価格下落の影響を受けて上昇幅は2カ月連続で縮小した。ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年比プラス1.8%だった。12月の指数は101.5。 前年比で指数を押し上げてきた

  • ガソリンに水混入、給油した救急車が止まる 愛知のGS

    2019/01/16 1:48 74

     石油元売り大手「JXTGエネルギー」(本社・東京都)は15日、愛知県尾張旭市のガソリンスタンドで、販売したレギュラーガソリンに水分が混入した可能性があると発表した。延べ200台ほどで混入した可能性があり、給油した車計4台が動かなくなるなど不具合が確認されているという。  同社によると、水分が混入した可能性があるのは、ENEOS城山SS(尾張旭市新居町)。今月11日から14日までに給油した車が対象で、ガソリンを貯蔵する地下タンクや配管が何らかの原因で損傷し、水分が混ざった可能性があるという。尾張旭市消防本部によると、このガソリンスタンドで給油した救急車1台も直後に動かなくなったという。搬送業務への影響はなかった。

  • ナイロビのホテルで襲撃、15人死亡 イスラム過激派が犯行声明

    2019/01/16 1:46 65

    [ナイロビ 16日 ロイター] - ケニアの首都ナイロビで15日、ホテルや企業オフィスが入った高級複合施設が武装グループに爆破・襲撃され、少なくとも15人が死亡した。隣国ソマリアを拠点とするイスラム過激派アルシャバーブが犯行声明を出した。 政府は安全確保の措置を講じたとしていたものの

  • 機械受注、11月は予測に反して減少 設備投資も減速懸念

    2019/01/16 1:36 68

    [東京 16日 ロイター] - 内閣府が16日に発表した11月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比0.02%減の8631億円となった。ロイターの事前予測増加が期待されていたが、これを裏切る減少となった。10-12月期は6四半期連続の増加となる可能性が遠のき、設備投資の先行きに警戒感が広がっている。 11月は製造業からの受注が足を引っ張り

  • 去年の“ビール類”出荷量2.5%減、14年連続マイナス TBS NEWS

    2019/01/16 1:21 69

     ビール大手5社が発表した去年の“ビール類”の出荷量は、およそ3億9390万ケースとなり、前の年と比べて2.5%減少しました。ビール類の出荷量の減少は14年連続です。おととし6月に強化された安売り規制の影響でビール類の値段が上がり、買い控えが続いたことや業務用ビールの出荷が減少したことなどが要因です。  ビール各社は10月の消費増税を前に消費者の節約志向が更に強まるとみていて、ビールや発泡酒に比べて価格の安い第三のビールのリニューアルや新商品を投入することで、冷え込む需要に歯止めをかけたい考えです。

  • 外来生物の危険性訴えるパネル展 岡山・アスエコ、毒グモの模型も: 山陽新聞デジタル|さんデジ

    2019/01/16 1:11 75

     外来生物が地域の自然環境に及ぼす影響や被害を防ぐ方法を紹介する展示会が、岡山県環境学習センター・アスエコ(岡山市北区下石井)で開かれている。3月2日まで。  農作物に被害をもたらし、在来種の生態に影響を与える恐れのあるアライグマやカミツキガメなどの特徴をパネルで説明し、被害予防の三原則「(外来生物を)入れない、捨てない、拡(ひろ)げない」を呼び掛けている。毒グモの一種・セアカゴケグモを20倍に拡大した模型も並び、危険性を訴えている。