Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

政治

すべてのカテゴリのニュース

  • ほっともっと運営社「ブレンズ」沖縄に本社移転 来月、長崎から

    2018/07/24 21:30 23

     県内を中心に「ほっともっと」や「やよい軒」を運営するブレンズ(長崎県、光武輝彦社長)が、長崎にある本社機能を沖縄へ移転することが24日までに同社への取材で分かった。8月1日から、ほっともっと沖縄地区本部(浦添市)に本社を移す。長崎で創業したブレンズは沖縄と広島にも拠点を置くが、事業規模が最も大きい沖縄に本社を移して、さらなる事業強化につなげる。  ブレンズは1981年に長崎県佐世保市で創業した。主要事業は弁当の製造販売で、プレナス(福岡市)が展開する「ほっともっと」を沖縄で86店、長崎で8店、広島は26店を運営している。

  • 剛力彩芽乗せる愛のジェット機 残された元カノ・紗栄子の痕跡

    2018/07/24 3:00 37

    彼女の隣にいたのは、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する「スタートトゥデイ」の前澤友作社長(42)。剛力は、ときおり恋人に顔を近づけて話し込んだり、肩を組んだりしていた。 2人は、この十数時間前にはロシアのモスクワにいた。サッカーW杯ロシア大会の決勝戦をいっしょに観戦していたのだ。モスクワから静岡県への弾丸移動を可能にしたのは、前澤氏が所有しているプライベートジェットの存在だ。 前澤氏はかつて“結婚願望はない”と公言していたが、剛力とは真剣交際のよう。このプライベートジェットが、新婚旅行に使用される日も近いかもしれない。

  • 「沖縄の力取り戻す」 96年、投票訴えた波平ーズ 【未来への決断 「辺野古」県民投票】1

    2018/07/24 1:25 54

     生まれた時から基地があった。読谷村で生まれ育った新垣大吾さん(40)=うるま市=がそのことを問題として意識したのは1996年春だった。身近な基地とは「象のオリ」と呼ばれた楚辺通信所である。  当時の大田昌秀知事が未契約軍用地の強制使用手続きの代行を拒んだため

  • 「辺野古」承認撤回署名 771筆提出 15~20日、沖縄県庁前で実施

    2018/07/24 1:23 32

     辺野古新基地建設に反対する市民団体は23日、15~20日に県庁前で実施した「埋立承認の即時撤回を求める座り込み」で集めた翁長雄志知事へのメッセージや早期の埋め立て承認撤回を求める署名を、県に提出した。座り込みを実施した3団体によると、署名は5日間で771筆、メッセージは3日間で91通が集まった。団体は県の担当者に対して知事に直接渡すよう求めた。  座り込みは「嘉手納ピースアクション」「うるま市具志川9条の会」「核兵器から命を守る県民共闘会議」が主催した。座り込みの期間中に集めたメッセージは子どもたちからも多く寄せられ、ジュゴンの絵が描かれたイラストや「釣りをしたいのできれいな海を残して」など、率直な思いが書かれている。

  • 全国、九州目指し熱戦 沖縄県中学総体が本格開幕

    2018/07/23 1:45 23

     2018年度・第45回沖縄県中学校総合体育大会の総合開会式は22日、沖縄市の県総合運動公園レクドームで約3千人が参加して行われ、九州や全国大会への出場切符を懸ける選手らが、健闘を誓い合った。中学総体は既に先行競技の空手道など7競技を終えており、台風10号の影響で水泳が予定から1週間遅れて28、29の両日に行われるため、23日から1週間、各地で軟式野球を含む10競技が本格開催される。  開会式では西原東中バレーボール部の松本峻汰

  • 【熱帯低気圧・23日午前0時現在】23日正午までに台風に発達 未明から明け方先島地方直撃の恐れも

    2018/07/22 16:42 22

     23日午前0時現在、石垣島の南南西約110キロに熱帯低気圧があり、1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいる。今後、23日正午までに台風11号に発達し、23日未明から明け方にかけて八重山地方を直撃する恐れがある。  23日正午の予報では

  • 全国のセブンイレブンで沖縄フェア ポーク玉子、タコライス…県産品が勢ぞろい

    2018/07/21 5:40 27

     コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京都、古屋一樹社長)が沖縄フェアを全国の店舗で開催している。県産食材を使用した食品のほか、久米島の久米仙や沖縄ポッカのさんぴん茶、限定デザイン缶のオリオンビールなどを販売している=写真。  フェアでは、沖縄の定番メニューとして多くの人に親しまれているポーク玉子おむすびやゴーヤーチャンプルー、タコライスなどをそろえた。宮古島の雪塩を使った塩ちんすこうレアチーズなど、セブンのオリジナル商品もある。

  • 豊見城市長選 宜保安孝氏が出馬表明 「市民に寄り添う」

    2018/07/21 2:04 20

     【豊見城】10月14日投開票の豊見城市長選で、前豊見城市議の宜保安孝氏(41)が20日、市内で記者会見し、正式に出馬を表明した。宜保氏は「市民に笑顔あふれ、目に輝きあふれる町にするため、リーダーとして頑張っていく」と決意を語った。「今の豊見城には市民と市議会、職員との対話がない。市議会で学んだ交渉力、行動力、決断力をフルに使い、市議会と行政が両輪のごとく市民に寄り添えるようにする」と述べた。政策は、地域の課題を踏まえ8月17日までに示す考え。  豊見城市長選には

  • 【台風10号】夏休み初日に直撃 農家、漁師「うんざり」

    2018/07/20 16:01 19

     台風接近を前にした20日、農作物への被害を防ぐためにカバーを掛ける農家や漁港に停泊する船をロープで固定する漁師ら台風対策に追われる姿が見られた。  防虫ネットを使ったハウスが吹き飛ばされないようにネットを外し、ハウスの天井近くまで高く育っているキュウリを倒して雨風よけのカバーを掛けた。  那覇沿岸漁港で20日朝から船を係留し、台風に備えていたマグロ漁師の男性(36)は「今年はよく台風が来るから、身構えている。(台風が接近すると)操業日数が減るから漁獲や値段に関わってくる」と懸念する。

  • 毒ハブの美に魅せられた男…1蛇1蛇の個性を生かした革製品に挑む

    2018/07/20 12:00 19

    沖縄では古来より人々に知られ、畏(おそ)れの対象でもある生き物、ハブ。この毒ヘビの美に魅せられた人がいる。yu-i FACTORY(ユーイ・ファクトリー)の代表、幸地賢尚さんだ。十数年前からハブ革の製品化に取り組み、意欲的に商品開発を続けている。幸地さんの持つハブ革へのこだわりや製品デザインのバックグラウンドを聞いた。 南風原町新川のyu–i FACTORYは、ハブ革の仕入れから加工、製造販売までを行う沖縄県初の施設だ。緑に囲まれた場所にあるショップ兼工房を訪れた。 yu–i FACTORYのショップに並ぶ製品には一つとして同じものはない