Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

写真、ビデオ

02:00 街の小さな本屋さんに行ってみた。→新しい世界の扉が開いた。 「てみた。」42

14

02:00 パン屋さんに名前の由来を聞いてみた。→味に負けぬこだわりをみた。 「てみた。」43

9

09:00 沖縄で「食いだおれ!」 たこ焼きにお好み焼き、生どら焼も! 〜泉崎だより〜 

40

03:00 きっかけは米NYゲイバーでの出来事だった ◇アメリカから見た! 沖縄ZAHAHAレポート(12)

14

01:11 宮森小 平和な空願う 米軍機墜落59年 児童ら慰霊祭

14

04:30 部品落下「現場視察を」 外務省に、保育園父母ら

11

政治

すべてのカテゴリのニュース

  • パワフルな音色で魅了 吉見友貴さんピアノリサイタル

    2018/07/19 20:00 4

     クラシック音楽の普及を目指すビューローダンケ主催のコンサートシリーズ第1回「吉見友貴ピアノリサイタル」(琉球新報社共催)が19日、浦添市てだこホールで開かれた。高校生ピアニストの吉見さんが弾くみずみずしくパワフルな音に観客は終始聴き入った。吉見さんはショパンやラベル、ベートーベンらの曲を演奏。ベートーベン「ピアノソナタ第23番ヘ短調作品57『熱情』」では感情をぶつけるような激しい演奏を聴かせ、観客の心を打った。  開邦高校芸術科音楽コース

  • 【台風10号・19日午後6時】最大瞬間風速45メートルの予測も 土曜日朝から昼前、沖縄本島直撃

    2018/07/19 11:33 3

     今後、発達しながら北上し、21日朝から昼前にかけて沖縄本島地方を直撃する見込みだ。風速25メートル以上の暴風域も伴う予想で、沖縄気象台が暴風や大雨に早めの対策を呼び掛けている。  19日午後6時現在、台風の中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速30メートル。24時間後の20午後6時には南大東島の南南西約80キロに進み、中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速25メートルに発達する見込み。  最接近は大東島地方が20日夜、沖縄本島地方と宮古島地方が21日朝から昼前の予想。20日から強風となり、沖縄本島地方は21日朝から昼前に暴風となる見込み。沖縄気象台は21日未明にも、本島地方に暴風警報を発表する可能性がある。

  • 【台風10号・19日正午現在】暴風域伴い、沖縄本島地方を直撃 土曜日朝から昼前にかけて

    2018/07/19 6:28 3

     台風10号は19日正午現在、日本の南にあり、1時間に15キロの速さで北東に進んでいる。今後、発達しながら北上。21日朝から昼前にかけ、風速25メートル以上の暴風域を伴って沖縄本島地方を直撃する見込みだ。  大東島地方では

  • 「配備の必要性、理解する」 陸自受け入れの石垣市長

    2018/07/18 21:45 3

     沖縄県石垣市の平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画について、中山義隆市長は18日、市役所で記者会見し、配備の受け入れを正式に表明した。「南西諸島圏域の防衛体制・防災体制の構築のために石垣島への部隊配備の必要性を理解した上でそれを了解する」などと述べた。市有地売却などの要請に対しては「適正に行政事務手続きを進める」と語った。中山市長が事実上の受け入れを表明したことで、配備に向けた動きが加速化することが予想される。  一方で配備予定地周辺住民を中心に配備反対の声は根強く

  • 辺野古、土砂投入阻止へ決断 翁長知事、23日にも撤回方針表明 「聴聞」手続きへ

    2018/07/18 21:30 3

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄県の翁長雄志知事は18日までに、辺野古海域への土砂投入前に埋め立て承認を撤回する方針を固めた。県は17日に代替施設建設事業の即時工事停止を要求する行政指導文書を防衛省沖縄防衛局に発送しており、即時に工事が中止されないと判断すれば撤回表明に踏み込む。23日にも三役、部局長らで方針を確認し、撤回に向け、防衛局から弁明を聴く「聴聞」手続きを開始することを表明する。複数の県関係者が明らかにした。  沖縄防衛局は護岸で囲んだ海域に土砂を投入する本格的な埋め立て工事に

  • 災害デマの典型「募金中抜き」「外国人が窃盗」に惑わされないために モバプリの知っ得![63]

    2018/07/18 6:00 3

    7月5日から降り出した大雨で、西日本で大洪水が発生しました。6月の大阪での大地震、そして沖縄での台風など、日本全国でさまざまな自然災害が起きています。 今回の豪雨では車や家屋が水に沈んでいくショッキングな映像がネット上でも広く拡散されました

  • 「ウニ三昧祭り」で宮城・石巻と交流 国頭・与那、21日から

    2018/07/16 1:15 4

     【国頭】宮城県石巻市雄勝町大須の特産品のウニを味わうイベント「ウニ三昧祭り」(主催・ユナムンダクマ協議会)が21、22の両日、沖縄県国頭村与那のよんなー館広場前で開催される。売り上げの一部は与那の子どもたちが大須で研修する費用に活用する予定だ。  大須は2011年に東日本大震災で被災した

  • 『市場のことば、本の声』 小さな物語の記憶

    2018/07/15 2:49 2

     本書は、第一牧志公設市場の向かい、まちぐゎーと呼ばれる場所で小さな古書店を営む著者の3冊目のエッセイ集である。沖縄に移り住んだ著者が日々の暮らしで考えたこと、市場で本を商いながら感じたことを、不器用に咀嚼(そしゃく)しながら、短い文章で丁寧に書き留めている。  市場は大きな物語ではない

  • 台風8号被害8億537万円 生育期のキビが9割 沖縄県内農林水産業

    2018/07/12 1:07 7

     10、11日の両日に沖縄県内を襲った台風8号で、県内の農林水産業の被害額が約8億537万円に上った。品目別で見ると、サトウキビが7億5118万円、パイナップルやマンゴーなどの果樹で3023万円、オクラなどの野菜で1680万円の被害があった。地区別では宮古が合計6億2762万円、八重山は1億5225万円だった。県農林水産部が被害報告(第1報)をまとめた。  ハウス外の露地で栽培する品目で被害が拡大した

  • 日常の「サードプレイス」でありたい 沖縄県産本☆ バックヤード便り[48]

    2018/07/11 4:00 9

    悪天候の日も本屋を訪れるお客様は、意外と多くいらっしゃいます。時間をかけて本を選び、併設のカフェでコーヒーを飲みながら読書する。外に出られない一日、のんびり過ごせる場所として選んでくださる方々を見ると、こちらの方が幸せな気持ちになります。 本は、著者が書いたら完成ではありません